nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

ブログでバズってみたかったらじぶんを捨てちゃうしかないんじゃない

投稿日:

ブログをおもったままに雑記ブログをかいているのですが、たくさんの時間をかけて丁寧につくったつもりの記事よりも、

思いついたことをあんまり時間をかけないですなおに書いた記事のほうがバズることがおおいようにおもう今日このごろです。

 

結局のところどんな記事が受けてみてくれるのかなんて正直わからないし、そうやって考えてみると、

文章的にはある程度クオリティをさげてたくさんの記事をかき、そのなかでアクセスをあつめてくるものをリライトする方が効率がいいことに気づきました。

 

わたしもサラリーマンをしながらブログをかいているので、書くことばかりに時間はとれないですし、あんまり丁寧に書いても読まれなかったらモチベーションも下がってしまいますよね。

そこで、どんな記事がバズっているのかいろいろ調べてみました。

そしたら、ブログがちゃんとしているというより、意外と思うような視点でかいていたり、単純に面白い記事がよまれるのだとわかります。

バズった記事を読んでみれば、どういう記事がもとめられているのかのエッセンスがわかるんじゃなかろうか。


スポンサーリンク

■これはおもしろいと思ったブログ

こちらで紹介させてもらっているブログはバズったなんて検索をするとよく紹介されている有名記事のかずかず。

こういう記事をかくひとびとまだまだビギナーのぼくのかくブログでなにがちがうのかなぁって考えてみると、

おもったことをそのまま書いている感じがすごいですよね。

すなおにおもしろいし、文章だけでこれだけよくかけるなぁってすごいとおもう。

 

 

ヒトデさんはgoogleで検索するとそのままブログ名がでてくるんだからすごいですよね。

よく読まれるというこのブログをみてみると、実際おもったことを書いているだけにみえるけど、

おもったことをストレートに書くっていまでもむずかしくかんじる。

どうしても、文章的に変じゃないかとかいろいろ考えちゃうんだよね。

 

 

ヒキコリズムさんが書いているブログもおもしろいしひきこまれますね。

おっさんになってきたせいかくだけた文を書くのが苦手になってきてるけど、やっぱりブログはよみやすいのがいいんだなと感心します。

もちろん、しっかりした文章もかけるのでしょうが、ブログにあわせた書きかたというのがだいじなんですね。



スポンサーリンク

■かたやビギナーブログの内容は?

自分でかいていていうのもかなしいけれども、なんだか固いしどっかで見たことがあるような内容にみえちゃう。

これって自分のかんがえをまったくかいていないで、なにかの受け売りのようなかんじになっちゃってる。

もちろんちゃんとかいたつもりなんだけど、じぶんでみてもつまらない内容のブログなんてだれがよんだってつまらないんだろうな。

 

 

こういう知っておいたほうがいい系の記事って雑記ブログでかくもんじゃないとおもった。

とくに賃貸をさがしているひとだったら一過性のブログなんかより賃貸に特化したブログをよむにきまってるし。

けっきょく、自分よがりというか書けばいいみたいな意識でブログをかいてもだれにも刺さんないのは当然ですよね。

 

 

■どうすりゃおもしろいブログが書けるのか?

こたえなんてないけれど、いちばん大切なことってじぶんの気持ちをすなおにかくことじゃないだろうか。

そして、会話のようによみやすいブログにして、なにかしらが伝わるようにかかなきゃいくら書いたって読まれないとおもう。

 

どうすりゃたくさんのひとがよんでくれるブログがつくれるかってわかんないけど、

そういうにもたくさんの記事をかいているなかでおぼろげながら気づいてくるものだし、そうやって試行錯誤してかいているうちにたまに当たったりする。

 

けっきょくどうすりゃおもしろいブログが書けるのかって、たくさんかかなきゃそういうブログも生まれてこないし成長しない。

それでもひとつエッセンスがあるとすれば、よまれているブログはちゃんとさんこうにしたほうがいいってことかな。

やっぱり読まれているブログはある種の共通点があるようにかんじます。

 

■おわりにおもったこと

いっつもブログでさいごどう終わっていいのかわかんなくて、タイトル「さいごに」とかでまとめているんですが、

こういう、変わり映えのないというか、ありきたりなブログって埋もれていくだけでアクセスなんて集まんないんですよね。

 

どれだけつきぬけられるかというか、ほかのひととちがう独自性がないとつまらないというか記憶にのこらないブログにしかならんのです。

と反省しながらかいているけど、まだまだどういう風にブログをかけばいいのかって勉強中のおっさんでした。

 

さいごまでよんでくれてありがとうございます。


スポンサーリンク


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログのヘッダ画像がプロのクオリティで無料に作れるサイト「Canva」

ぼくは右も左もわからない初心者の状態からブログをつくっているので、 ブログをはじめたときの画像やデザインのサイト探しの苦労を身をもって体験しています。   とくにブログのタイトルにつかうヘッ …

ブログを書くのに時間をかけていたら嫌になる。早く書ける4つの秘訣

仕事をしながらブログを量産し続けるには、とにかく記事を書くスピードをあげるしかない。 外注するなど工夫できる所もあるだろうけど、スタートアップの時点でお金もかけられないし、やっぱり記事を沢山つくり続け …

ブログを作るなら空いた時間を有効に使って書く

いそがしく仕事をしながらブログを作っているとまったく時間がなくて、更新ができていないなんて状況におちいっていませんか? それではスキマの時間を有効につかって記事を書いていかないと、ある程度のボリューム …

75記事をかくとブログアクセスの数が確実に3000PVを超える理由

25記事ごとに0からつくったブログがどんなかんじでPVがふえていくのかをリサーチしていて、今回は75記事目となります。 ちなみに25記事の時点でのPV数はこのようなものでした。   &nbs …

50記事を書くとブログアクセス数は確実に1000PVは超える理由

ブログをはじめてから「50記事目」になりましたので、どれくらいのPV数になったのか紹介します。 これからブログをやっていくなら ゼッタイに気になるがPV数でしょう。。 とくに、インターネットの副業とし …