nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

初心者ブロガーが月間6000PVを雑記ブログで達成するまでのいろなこと

投稿日:

ブログでコツコツと雑記記事を書いているけれど月間「6000PV」をこえたのでその記録を書こうとおもいます。

ブログをはじめたきっかけはサラリーだけじゃ苦しすぎるのでちょっと稼げたらいいなっていう甘い考え。

雑記記事よりも特化記事の方がアクセスを集めやすいといわれているけれど、ひたすら記事を更新してきづいたら「6000PV」を超えたって感じです。

 

とりあえず月間「6000PV」はSEOを意識しないでひたすらブログを更新するだけで到達できることがわかりました。

まったくの初心者からブログを書きはじめたので一旦はこの結果に満足しています。

書きはじめたころには1日0アクセスなんて時もよくあったので少しは先が見えるようになってきました。

 

そんな雑記記事が月間「6000PV」となった内容をご紹介します。


スポンサーリンク

月間6000PVのブログになるまでのながれ

1、ブログの基本情報

ブログの内容や記事数など基本情報はこちらを参考にご紹介します。

  • ブログ:ロリポップ/ワードプレス/独自ドメイン
  • コンセプト:雑記ブログ(思いついたことなんでも)
  • 記事数:107記事
  • 掛かった期間:11ヵ月(5000PVからは2ヶ月後)
  • 記事の平均文字数:1500文字
○月間1000PVになったときの情報。

 

○月間2000PVになったときの情報。

 

○月間3000PVになったときの情報。

 

○月間4000PVになったときの情報。

 

○月間5000PVになったときの情報。

 

2か月間くらい「5000~6000PV」の間をうろちょろしていたのですが、

ここ1ヵ月くらいは1日200PV以上のアクセスが安定していて月の後半くらいで6000PVを超えました。

何か特別なことをしている訳ではなく週に数回程度ブログの更新をしているだけで、

今のところはちょこっとづつですが右肩上がりにアクセスを集められています。


スポンサーリンク

2、一ヶ月のPV数をザックリご紹介

1日当たりのアクセスを平均してみると222PV

100記事をこえてやっとこさ一日200PVを超える程度とかんがえてみると雑記記事は我ながらきびしいなぁおもいます。

数十記事で数万アクセスなんてブログを作ってしまうひとはすごいですね。

それでもまったくの初心者だった私がもうすぐ10000PVに到達できるかもしれないとおもうと感無量。

おもしろい内容であれば雑記記事でも可能性あるんじゃないか?っておもう今日この頃です。


スポンサーリンク

3、月間6000PVでの広告収益

広告はgoogleアドセンス一本なのですが収益としてはサーバ代を差し引いたらほとんど残らないレベル。

そうは言ってもサーバ代は完全にペイできるようになってきたのでやっとマイナスから脱出できるかなと感じています。

 

googleアドセンスという広告はアクセス数にある程度比例しているように感じるので、

いまは稼ぐというよりもどれだけおもしろい記事をかけるかに注力しています。

 

4、モチベーションを保つために思ったこと


サラリーマンをしながら1500文字以上のブログ記事を100記事以上かいてわかったのですが相当たいへんです。

仕事が忙しいときなどはブログの更新も満足にできないのですが、時間が空くと書くモチベーションも比例して無くなってきます。

そうするとブログの更新に数週間空いてしまったりするので、何かいい方法はないか?と考えてみました。

 

そこで考えだした方法はシンプルなのですがブログを書くスピードと文字数のみに意識を集中させるということです。

例えば2000文字を書くと決めたら「タイトル」「小見出し」を思いついたままに書きだし後はブログをひたすら書く。

ここで大事なことは少しくら日本語がおかしかったりという部分にはこだわらないでひたすら文字数分書きつづけるということです。

 

ブログのブラッシュアップは公開した後でやる。

それくらい割りきってブログを書いていかないと記事の更新がおぼつかなくなっていつまでたっても記事数が増えないことを痛感しました。

ブログでアクセスを集めるためには記事数 + クオリティが必須ですが、まずは記事数をスコープにしたやり方です。

 

5、さいごに

正直、アフィリエイトという副業でブログを書くなら特化ブログのほうが効率が良いように感じます。

ですが、そういう目線、すなわちアフィリエイトとはなんぞや?みたいなものがおぼろげながら見えてきたのは雑記記事のおかげです。

そういう意味でまったくの初心者からブログを副業にと思ったらまず雑記記事を書いてみることもありだとおもいます。

 

雑記記事の良いところはジャンルに縛られないのでライティングの練習に最適です。

どういう記事だったら読まれるのか?どういう日本語の使い方だったらいいのか?この場面だったらどう表現しよう?

まだまだ私もレベルアップの途中ですが色んな気づきができるところが雑記記事のおススメしたい一つの理由です。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったらシェアしてくれると嬉しくおもいます。


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログは固い文章だと絶対に読まれないから直すべき秘訣を4つ伝授!

この記事のターゲットはブログをフランクにやわらかく書こうとしても固い文になってしまう悩みをお持ちの人にむけたものです。 ぼくもそうなのですがブログを読まれやすいように書いているつもりでも、まるで仕事で …

ブログを書いていて心底気づいた文章を書くうえでの3つの最重要秘訣

  IT企業でサラリーマンをしながらコツコツとブログを書いてる管理人「yuruyuru」です。 さて、今回は日々ブログをかいていてブログの文章をつくるうえでの心構えの大切さに気づいた中で、も …

ブログでページタイトルをつける時の超基本5つ

ブログ・サイトタイトルの付け方で読まれるかどうかは決定します。 結論からいうとタイトルで読む人が興味を持たなければ中身は一切見ません。 お店でいえばどんなによい商品も買い物にきた人が興味をもたなければ …

雑記ブログを書いていたらあれよあれよと月間7000PVまでいったお話し

どうも、こんにちは、yuruyuruです。   雑記ブログを作っていくなかでどういう感じにアクセスがあがっていくのか、 「1000PV」を毎を節目にしてアクセス数や記事数なんかを書いているの …

初心者が雑記ブログを100記事つくったリアルなアクセスと収益とは

ブログで100記事はかこうってよくいわれてるから鵜呑みにしてとうとう100記事目にとうたつしました。 さて、ド素人がまず考えつくであろう雑記ブログで100記事かくとどうなるのか?   リアル …