nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

ブログを書いていて心底気づいた文章を書くうえでの3つの最重要秘訣

投稿日:2017年2月11日 更新日:

 

IT企業でサラリーマンをしながらコツコツとブログを書いてる管理人「yuruyuru」です。

さて、今回は日々ブログをかいていてブログの文章をつくるうえでの心構えの大切さに気づいた中で、もっとも大事な3点をお伝えします。

ターゲットは社会人として働きながらいそがしい合間にブログを書いているあなた。

その文章、あらためて会社用になってませんか。

たとえば、会社である商品の紹介をするときは、

 

 今般、当社よりリリースされる「〇〇ソフト」について、御社へのご提案差し上げたく、ご連絡した次第です。 お忙しいところ恐れいりますが、何卒、よろしくお願い申しあげます。…

 

なんて、堅苦しいビジネスようの書きかたで書くわけないですよね。

ブログじゃこんな文章でかいても誰もみてくれないです。

こういうのってわかっているけどサラリーマンをしながらブログを書いているといつのまにかビジネスっぽい文章になりがち。

だから、ブログ向けの分ということをしっかりと意識しないとこういったビジネス感がにじみでて、よむきになれないブログになってしまいます。

ブログはまず読んでもらえなきゃ意味ないから引きるける文章でかかなけきゃ誰もさいごまで読んでくれないです。

まぁ、自分でよんでもつまらない文章は、他のひとが読んでもつまらないです

そこで読まれるブログにはなにが必要?って気づいたこれだけはゼッタイに意識しなくてはいけないという3点ををあげていきます。

 

1、魂がこもっていない(適当な・自己満ブログ)をつくっても誰も読まない

 

魂がこもっていないというのは、見にきてくれている人に向けに為を思って本気で書いていないブログは読者に気づかれるし心に刺さらないということ。

わたし自身、仕事をしながらブログを書いていると、忙しさを言いわけにしてロクに見直しをしないまま公開して手直しもしていない記事があったりしますが、やっぱり後でブログを見かえしてみると、「つまらないし、手抜き感丸出し」でそりゃだれも見るわけないなと反省することが多々あります。

要するに、自分だけちゃんと書いているつもりになっているだけで、本気でブログを他のひとに読んでもらっても恥ずかしくないレベルまで考えて書いていないんですね。

だからブログの基本的な書きかた以前に、読んでもらっている人へ何かしらの価値を提供することに全力をかけなきゃダメなんだとわかりました。

情熱というか魂は文章ににじみでてくるし、すぐにわかってしまうものなんだということが確信をもっていえます。(自分で一度も手直しをしていないただ書いただけのブログを見てみるとわかると思います。)

 

2、情報提供するのに根拠がないブログは信用されない

 

ブログで情報をだすときに、それはなにを根拠にして発信しているのかを示さないと読者の心に刺さりません。

たとえば、日本の人口は1億2千万人くらいといわれていますが…と根拠のない数字を示してもだれも信じてくれないということです。

この場合には、総務省統計局(平成29年概算値)によると日本の人口は1億2千万人くらいといわれていますが…となにを根拠として情報をだしているのか示すことが大事。

あと意識的なことですが、読者に必要な情報を伝えなければならないという心構えをもっていれば適当な情報はかけないはずですし、正確な情報をつたえることではじめて読者の役にたて信用を得られ、読む価値のあるブログになります。

なにを根拠にして情報を提供したのかをしっかり示したうえで、自分なりの意見や感想を書くことがだいじです。

 

3、文章を書くわけではなく、ブログを書く意味

 

ブログは会社で資料をつくるように文章をかいても誰もよんでくれません。(会社の資料もゴチャゴチャ意味ない事を書かれていたら読みませんが…)

ブログはいろいろな人が読むので、だれが読んでもわかりやすく、また印象にのこるような内容になっていないと読まれません。

読者をひきつけられるブログにするには、みんなに読まれる魅力的な工夫をしなくてはブログは読まれないということで、おなじような理由でタイトルが重要だといわれるのは、まずタイトルが心に刺さらないとブログの内容さえ見てくれないからです。

テクニック的なことは、いろいろなブログを見て勉強するしかありませんが、まず読んでいるひとの心に刺さるか?を意識してブログは書かなくてはいけませんし、この点がもっとも重要なことかもしれません。

 

4、まとめ

 

ブログはワードなどで資料をつくるのとはまったく別物で、あげた3つは最重要点というかブログをはじめるうえでの最低限のルールのようなものです。

魅力的なブログをつくるには、まだまだ文章やフォーマットなど覚えておかなくてはならない点がたくさんあると思いますが、3つの再重要点を意識することで初めてスタートラインだと考えてください。

とくに、そのブログのタイトルや文章は読者の心に刺さるのか?をつねづね意識しながら書いていくことで、良記事がうまれる可能性が高まります。

 

最後まで長々と読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログのヘッダ画像がプロのクオリティで無料に作れるサイト「Canva」

ぼくは右も左もわからない初心者の状態からブログをつくっているので、 ブログをはじめたときの画像やデザインのサイト探しの苦労を身をもって体験しています。   とくにブログのタイトルにつかうヘッ …

雑記ブログで副業で考えている人へむけた4つの役立つ大切な考え方!

このブロガを書いている「yuruyuru」です。 今回の記事では僕が雑記ブログを運営して気づいたことを書いてみました。 これから副業でブログを考えているひとにはお役にたてるとおもいます。   …

ブログを作るモチベーションを維持するためのコツ3つ

こんちには。 ブログを作りはじめた最初のころは記事を量産する必要が必ず必要になります。 しかし、平日に仕事をしているなかモチベーションを維持しながらブログを執筆するのはやってみると大変です。 そこで孤 …

ブログでページタイトルをつける時の超基本5つ

ブログ・サイトタイトルの付け方で読まれるかどうかは決定します。 結論からいうとタイトルで読む人が興味を持たなければ中身は一切見ません。 お店でいえばどんなによい商品も買い物にきた人が興味をもたなければ …

ブログを書いていてネタにこまったら適当に書くほうがいい4つのこと

ブログを80記事くらい書いてきたけど、ジャンルをきめていない雑記ブログのせいか、書くネタに困ってきた管理人の「yuruyuru」です。 こんな感じで書くネタに困ってるブロガーって僕だけじゃないだろうな …