nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

雑記ブログで副業で考えている人へむけた4つの役立つ大切な考え方!

投稿日:

このブロガを書いている「yuruyuru」です。

今回の記事では僕が雑記ブログを運営して気づいたことを書いてみました。

これから副業でブログを考えているひとにはお役にたてるとおもいます。

 

さて、本ブログ「nowlog」はこの記事を書いている時点で、

アクセス数が110記事で「7000~8000PV」くらいで推移しています。

アクセス数だけで価値がはかれるものでもありませんが、

ひとつの基準としてみてください。

 

 

雑記ブログなので書くことはバラバラです。

ひらすら思いついたことを記事にしているのですが、

ふと振り返ってみて「ちょっとちがうとおもうこと」「やってよかったこと」に、

気づいたことが5つあるのでご紹介します。


スポンサーリンク

1、収益を目指すブログであれば専門記事がいいかも

ぼくのブログは雑記記事といっているけれど、

ブログに関しての記事が相当数を占めています。

その他にIT系の仕事内容の記事だったり時事ネタだったり、

雑多な記事がたくさんある状態です。

 

そんな雑多な記事がたくさんあるブログのなかで、

一番アクセスがあるのが「テレビがつまらない」ことを書いたこの記事。

 

 

まったくブログやIT系に関係ない、

ぼくが思っていることを率直に書いた記事です。

 

なにが言いたいのかというと「ブログのこと」とか「IT系の仕事」というのは、

それひとつのカテゴリでブログをつくったほうが、

ブログ内を回覧してもらえるし、

なにより情報をひとつのブログに集約できるから読者に役にたつ情報を提供しやすい

 

雑記ブログだとひとつの記事にアクセスしてくれたとしても、

関連する記事がなければブログからいなくなってしまいます。

この関連する情報が雑記記事だとつくりづらいというのが、

収益をあげるにはむずかしい点です。

 

2、雑記ブログより専門記事のほうがじつは簡単

雑記ブログだと「なにをかこうかな」ということに時間がかかります。

おもったことを書けばいいだけだから簡単そうにかんじるけど、

いざ考えてみると頭にうかばずネタ探しにばかり時間がとられることがわかります。

 

その点、専門記事であればキーワードに沿った記事を書けばいいので、

ネタ探しという点では時間がかかりません。

(もちろんわからない内容を調べる時間はかかりますが)

 

雑記記事を100記事以上書いてきてきづいた点はまさにここで、

ネタ探しをするよりもキーワードを絞って記事を書いたほうが、

役にたつ情報を読者へ届けられるしそもそもラク

 

下の候補はキーワードプランナーで「ひなまつり」のキーワードを絞ってきたもの。

  • ひなまつり
  • ひな祭り
  • 初節句
  • ひな祭り メニュー
  • お雛様 飾り
  • ひな祭り 料理
  • ひな祭り 飾り

いちいちネタを探すよりも一番うえから記事にしたほうがラクそうじゃありませんか?

そうは言ってもかんたんにビックキーワードを検索しても太刀打ちできないようなサイトばかりなので、

よく言われるようにキーワードの選定方法が大事になってきますね。


スポンサーリンク

3、キャラクターをだせない人は専門記事がいい

雑記ブログでも大人気ブログはもちろんあります。

ですが誰にも真似できないキャラクターの持ち主ばかりです。

有名ブログ「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんは個性がすごいですね。

ぼくにはこれほど魅力的なキャラクターにはなれません。

 

 

雑記ブログではブログの内容よりも、

記事をかいている人そのものの魅力がブログのアクセスを左右します。

 

もちろん試行錯誤するうちにキャラクターをださなくても成功するかもしれない。

どうブログを収益につなげていくか?のやり方に答えはありませんが、

キャラクターを全面にだせないシャイなひとであれば、

専門記事を書いたほうがブログで成功するには近道な気がします。

 

4、雑記ブログは勉強になることが多い

雑記ブログがダメだとばかり書きましたがよい点もあります。

  • ブログの収益構造が理解できる
  • 色々なキーワードで記事をつくれる
  • 自分の思いで記事が書ける(ブログらしいブログが書ける)

ぼくがブログをはじめた頃をお話しすると、

googleアドセンスひとつにしてもどうやって収益になるのか見当もつきませんでした。

それこそ1円を稼ぐことがはるかな夢のようにかんじてました。

ワードプレスをインストールしてブログを書くにしてもそう。

 

雑記ブログをはじめてよかったなと思う点は、

まったくわからなかったことが全体的に理解できたことです。

キーワードの重要性なんていくら本を読んでも、

作ってみないことには理解できません。

 

スタートアップの意味で雑記ブログを書くことはとても大事だとおもいます。

雑記ブログを100記事以上書いて、

はじめて「ネット広告で稼ぐ」という意味をおぼろげながらでも理解できました。


スポンサーリンク

■ブログは書かなくちゃ上達しない

さいごに、ブログはどんどん書かなくちゃ上達しません。

どうしても間違っているかな?これで正しいのかな?と、

書くまえから悩んでまえに進めなくなっている人もたくさんいるとおもいます。

 

ぼく自身が同じ悩みをもって試行錯誤をしながら、

ブログを書いているので手が止まってしまう気持ちはよくわかります。

 

それでも書かないと失敗という気づきも得ることができないので、

ブログで成功したければ書いていくしかないのだとおもいます。

 

たくさんのいろんな種類の失敗を経験をすることが、

雑記ブログの最大の良い点かもしれませんね。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったら嬉しくおもいます。

 

 

 


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログでページタイトルをつける時の超基本5つ

ブログ・サイトタイトルの付け方で読まれるかどうかは決定します。 結論からいうとタイトルで読む人が興味を持たなければ中身は一切見ません。 お店でいえばどんなによい商品も買い物にきた人が興味をもたなければ …

ブログを作るモチベーションを維持するためのコツ3つ

こんちには。 ブログを作りはじめた最初のころは記事を量産する必要が必ず必要になります。 しかし、平日に仕事をしているなかモチベーションを維持しながらブログを執筆するのはやってみると大変です。 そこで孤 …

毎日超忙しいサラリーマンでもブログ毎日更新ができる5つの秘訣とは

サラリーマンをしながらブログを毎日更新するのって大変だと感じますか? ぼくもサラリーマンをしながらブログを書いているですが、 つかれて家にかえってブログの更新に数時間もかけたのに、そんな力をいれた記事 …

ブログを作るなら空いた時間を有効に使って書く

いそがしく仕事をしながらブログを作っているとまったく時間がなくて、更新ができていないなんて状況におちいっていませんか? それではスキマの時間を有効につかって記事を書いていかないと、ある程度のボリューム …

つまらない雑記記事でブログを更新し続け「月間9000PV」を達成した話

「雑記ブログでも10000PV!」を達成できそうな、月間9000PVを達成しました。 何にもブログのことがわからない頃から、ひたすら雑記記事を更新しつづけて1年弱。 それだけの時間をかけて「月間900 …