nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

ブログは固い文章だと絶対に読まれないから直すべき秘訣を4つ伝授!

投稿日:2017年7月12日 更新日:

この記事のターゲットはブログをフランクにやわらかく書こうとしても固い文になってしまう悩みをお持ちの人にむけたものです。

ぼくもそうなのですがブログを読まれやすいように書いているつもりでも、まるで仕事で使っているような文になってしまうなぁと悩んでいたからです。

読まれるブログを書くにはと検索をインターネットすると「むずかしい漢字は使わないこと」「皆様にむけてではなく読者一人一人に語りかけるように書く」ということが大事なことだとよく紹介されてます。

いろいろと調べ自分なりに読まれるブログってどんなことに気をつければいいんだろうと考えてみました。

こんなところを気をつけなきゃダメだなとブログをかきながら感じたことを伝えます。

社会人経験がながくてビジネス文書に慣れきってしまっている人ほど、文章というものに気をつけなくちゃダメだということを痛感しました。

そうは言ってもまだまだ文章としてヘンだったりブログ向けじゃなかったりと僕も試行錯誤していますがひとつの参考になれば嬉しくおもいます。



固い文章を直すために大事な心構えの4つ

1、ブログの文書のできばえは仕事の30%くらいで十分

文章としてまったくなりたっていなければダメですがブログでは多少文章がおかしいところがあっても内容にしっかり興味を持ってもらえれば読まれます。

逆にどんなに内容がしっかりしていてもまるで契約書の注意事項みたいな文章では誰もよんでくれません。

とにかくどんなないようであろうともブログはまず読まれなければ意味がありません。

読みやすい文章でとっかかりを作らないと内容までたどりつくまえにみなくなるので、そんなブログは書いているだけムダな時間を費やしていることになります。

でもなぜか文章が堅くなってしまう人は思ったことをそのまま下書きレベルで書くということを意識してみてください。

だいぶくだけた文になりますし、語り言葉のような文章のほうがブログでは受け入れられやすいです。

ブログでは仕事のように間違えなくきっちりと書くのではなく、あなたがおもったことをストレートに書くことを意識して書いてみてください。

 

2、ブログを文章は早く書いてみる

ぼくが実践して一番効果がある方法が、とにかく思ったことをはやく書くことを意識することです。

文章がすこしくらい変だからといっていちいち直さないで思ったことを心のままに書くことです。

ブログをはじめたころはやれ文章がヘンだとか漢字とひらがなのバランスとか内容よりも見た目ばかりを気にしていました。

だからブログを書くことにやたらと時間がかかっていましたし、そんな時間をかけたブログなのに誰にも読まれないという悲しい結末でした。

そこで開き直ってすなおに書いてみたらやわらかい文章が書けたし、チョクチョク見に来てくれるようになったのがはやく書くことを意識したきっかけです。

コツはちょっとくらい文章がヘンだと思っても気にしないこと。

見直すのは最後にちょこちょこっとするだけで、よっぽど頭をつかってかくよりもブログ向けの文章になっているでしょう。

 

3、気取らないで思いのままに書く

ひとに見られるからと言ってちゃんとした文章を書かなきゃなんてかんがえてても時間ばかりかかって読まれるブログができるとも限らない。

文章がどうだとかよりも伝えたいこと、心に思ったことをそのまま書く方がブログとしては伝わりやすいです。

専門的に特化したブログを書くのであればそれなりの構成は必要でしょうがはじめてブログを書くならあまり考えないでひたすら思ったことを書くことが上達への近道です。

インスピレーションというか心のままに書いたもののほうが頭でひねりだしたものより伝わる文章がかけることが多いです。


スポンサーリンク


 

4、つまらないブログはタイトルもつまらない

読まれるブログを作るにはなによりもタイトルが重要です。

それはとうぜんのことでタイトルがつまらなければそもそもスルーされて内容をいちいち読者は見ようとしません。

じぶんで検索するときにピピッときた検索結果以外はまったく頭にはいってこないですよね。

このタイトルにしてもブログの文章が固い人はなんだかぎこちない感じになりがちです。

頭がこり固まったビジネスマンは自分がくだけすぎって思うくらいちからを抜いてタイトルもブログも書いてみるのがいいでしょう。

どにかくブログでビジネス的な文章だと読むのもつかれるし、そもそも新聞並みに役に立つものでなければだれも読んでくれません。

 

おわりに

IT業界ではたらいているのですがやたら横文字やら難しい感じがたくさんつかわれるんですよね。

まるで難しい漢字や横文字を使うことが偉いかのようにみんながみんなつかいたがります。

ですがビジネスマンとしては一流なのかもしれませんが、ことブログで発信する場合にはそういう仕事での文章のかきかたでは通用しません。

そういうことは伝えることを仕事にしているような人にはあたりまえのことかもしれません。

ですがデスクワークなど会社のなかに閉じこもって仕事をしている人はその世界があたりまえのようになっているので視野を広くもたなくちゃダメです。

ブログで伝えるというのは小手先のスキルというよりもどれだけ読んでくれる人のことを考えブログという媒体にあわせた文章がつくれるかが肝です。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったらシェアしてくれると嬉しくおもいます。




-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毎日更新してブログ作成のレベルアップをつづけるための5つの秘訣!

賛否両論はあるものの、ブログは毎日更新したほうがいいという意見は多く、特にブログを作りはじめたころは記事数は大きな問題になります。 ですが、サラリーマンですと「仕事がいそがしくてそんな時間はとれない」 …

検索上位をゲットする方法を知らない初心者はゼッタイにもったいない

こちらのブログを書いているのは毎日ブログを書くことに四苦八苦している「yuruyuru」です。 ブログは書けばかくほど奥深いなと思うけど、たくさん更新するのは本当に大変だなと感じる今日このごろです。 …

初心者がブログサービスをはじめた25記事目のアクセス数

ブログをはじめてみると、アクセス数はどうしても気になってくるものだと思います。 ちなみに、誰もがしっているヤフーニュースは、スタッフブログに「月間100億PV超のニュースサイト」と紹介されてます。(凄 …

日本全国の人に読まれるブログをつくるため必要な最低限の3つの秘訣

ブログを1年くらいつづけてきて、よまれるブログというのはまだまだ模索中ですが、ゼッタイに読まれないブログというのは少しわかってきました。 読まれないブログのほうが圧倒的数がネット上存在し、 それらのつ …

爆発的に伝わる文章書き方を身につける必須のコツを3つ伝授します!

読んでくれた方々に刺さるような表現ができるようになりたいなと試行錯誤をつづけながらブログを書いている「yuruyuru」がお届けします。 今回の記事は「どっかで見たことがあるような表現」にどんなに文章 …