nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

【2017年8月】30代リーマンがグーグルアドセンス審査に合格!

投稿日:2017年8月16日 更新日:

 

50記事をこえてようやく、やっとグーグルアドセンスの審査を通過することができた、こちらのブログを書いている「yuruyuru」です。

このブログを書きはじめたのはメチャクチャ時間がたっていますが、やく半年前でグーグルアドセンスの審査には3回ほど落とされている弱小ブロガーです。

今回、審査がきびしくなったといわれる今日このごろ(2017年8月)でも、サラリーマンをしながらでも地道にブログを書いていたらグーグルアドセンスの審査に受かれるを伝えたくて書きました。

サラリーマンをしながらだとブログをかきつづけるのは大変だとおもいますが、グーグルアドセンスが受かることはとてもいいモチベーションになります。

わたしもグーグルアドセンスの審査に落ちつづけて悲しい思いをしてきましたので、ありそうな疑問にこたえる感じで書いたので、これから審査をするひとのお役にたてればうれしいです。




 

◆グーグルアドセンス合格まで◆

 

1、ブログの作りは?

  • ワードプレスで運用 テーマ:STINGER8
  • レンタルサーバ (ロリポップ:スタンダード)
  • 独自ドメイン (ムームードメイン)
  • 合格時は50記事
  • ブログの運用期間は半年くらい
  • すべての記事に広告は貼っていない
  • 記事の平均文字数は2000文字

 

2、これまでの審査のながれは?

2016年11月 (1回目の申請)

→5記事で申請したけれど1次審査不合格(翌日メールあり)

2016年12月 (2回目の申請)

⇒10記事で申請したけれど、またも1次審査不合格 (翌日メールあり)

2016年1月 (3回目の申請)

⇒15記事で申請したけれど、またまた1次審査不合格 (翌日メールあり)

2017年 7月

40記事で申請したら1次審査合格 、メールはないけど、グーグルアドセンスにログインできるようになる

2017年 8月 50記事

1ヵ月ほどまったく音沙汰がなかったけど、何気なくログインしてみると合格しましたのポップアップと共に広告が貼れるようになる

※審査後メールがスグくる人もいるようだけど、わたしの場合はメールもなくある日、突然使えるようになっていました。

 

3、ブログのコンセプトは?

ブログは雑記記事で特定のカテゴリーを決めた専門的な内容ではなく、思いついたことをそのまま書いているブログです。

初心者だったので文章も読みにくかったり、タイトルと文章があってなかったりできがいいとは言えませんが、少しでも読んでくれるかたに役にたてるないようを心がけました。

文字数は1500~2000文字はかくことを心がけて、ある程度ブログを充実させ意味のある内容を伝えられるようにしました。


スポンサーリンク

4、画像貼らないとかリンク貼らないとか関係あるの?

著作権NGはもちろん論外ですが私は画像をこちらのサイトでフリーでダウンロードしてふつうに貼ってました。

 

リンクもブログカードでたくさん貼ってますし、サイトを構成するのにひつような画像やリンクを貼りつけていることが審査に影響するとは思えません。

そもそも、グーグルが審査をきびしくした意味って、アクセスを上げるためだけに存在するリンクや手法で検索上位にされても、ほんとうに情報を欲しがっているひとに価値を提供できないと考えたからです。

そういう、ひつような人にひつような情報を与えて欲しいとグーグルが考えているなら、作ったブログにひつような画像やリンクがあるからといって審査をおとすことはありえないでしょう。

 

5、審査にとおらない理由は?

平均、2000文字を15記事をかいたけど審査に受からなかったが、これは今のグーグルの基準だとシンプルに記事数がすくなかったのだとうと思う。

それ以外の理由は、アクセス数とか記事が増えれば勝手に増えるし(50記事でだいたい月間1000PVでした)オリジナル記事を書いて審査が通らないとおもう最大の理由は、やっぱりボリュームが足りないという理由いがいにありません。

 

6、グーグルアドセンスの審査を通すには?

グーグルのポリシーに逸脱しないで、じぶんが書きたいと思うブログをふつうに書いていれば、いろいろなサイトに書いてあるようなアドレスを変えるだの、画像をはらないだ、とくべつな方法はひつようありません。

ぼくの例では、ただただ検索者にレベルが低いなりにも役にたつ情報を伝えることを心がけ、2000文字記事を40本リリースすれば、99%受かるでしょう。

ポリシーに違反していたり、片手間で日記みたいな記事をたくさん量産しても、グーグルはかなり厳しく見ているので審査は通過しないでしょう。

グーグルの審査がきびしくなったというより、何かしらの方法で審査をとおすような、価値のないサイトを除外するようになっただけ。

そういう価値のないブログが駆逐されれば、コツコツブログをかこうと考えているひとにはむしろ、今のグーグルのスタンスはありがたいです。

 

7、ネットの情報に惑わされないでひたすら書くことが重要

審査を通すための方法をネットで探してばかりいても、ほとんど意味はありません。

とにかく、役に立つコンテンツを量産しつづけるしか方法はないと断言できます。

なぜなら、長く読まれるコンテンツとして認識されなければ広告をベタベタと貼ったところでアクセスが無ければ意味はありません。

広告の審査にうかるためにブログを書いているのではなく、ブログは炎上にしろ役立つ記事にしろ、おおくのひとに読まれるコンテンツをつくれるかが一番大事なことです。

 

さいごまで読んでくれてありがとうございます。

みなさまの審査がはやく通るきっかけになれたら嬉しく思います。





-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログでページタイトルをつける時の超基本5つ

ブログ・サイトタイトルの付け方で読まれるかどうかは決定します。 結論からいうとタイトルで読む人が興味を持たなければ中身は一切見ません。 お店でいえばどんなによい商品も買い物にきた人が興味をもたなければ …

ブログを書くのに時間をかけていたら嫌になる。早く書ける4つの秘訣

仕事をしながらブログを量産し続けるには、とにかく記事を書くスピードをあげるしかない。 外注するなど工夫できる所もあるだろうけど、スタートアップの時点でお金もかけられないし、やっぱり記事を沢山つくり続け …

毎日更新してブログ作成のレベルアップをつづけるための5つの秘訣!

賛否両論はあるものの、ブログは毎日更新したほうがいいという意見は多く、特にブログを作りはじめたころは記事数は大きな問題になります。 ですが、サラリーマンですと「仕事がいそがしくてそんな時間はとれない」 …

日本全国の人に読まれるブログをつくるため必要な最低限の3つの秘訣

ブログを1年くらいつづけてきて、よまれるブログというのはまだまだ模索中ですが、ゼッタイに読まれないブログというのは少しわかってきました。 読まれないブログのほうが圧倒的数がネット上存在し、 それらのつ …

ブログを作るモチベーションを維持するためのコツ3つ

こんちには。 ブログを作りはじめた最初のころは記事を量産する必要が必ず必要になります。 しかし、平日に仕事をしているなかモチベーションを維持しながらブログを執筆するのはやってみると大変です。 そこで孤 …