nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

ブログ

ブログ作成で記事をかくときにぜったいに意識しなきゃならない10つ

投稿日:2016年11月27日 更新日:

ブログをせっかく書いたのに、誰も見てくれない… なんてなやんでいませんか。

ブログはよまれるために最低限、意識しなきゃダメなとこがあります。

そこで、これはゼッタイに読まれないっていう10つを紹介。


スポンサーリンク

1.日記記事ブログを作成しても誰も読まない

ブログをはじめる目的は人それぞれでしょう。

私はインターネットで稼いでみたくてはじめました。

いろんなサイトにダメだって書いてあるのにやってしまったのが日記記事でした。

しかし、他の人にはどうでもいい、日記のような体験談はまったく読まれませんね。

 

だれをターゲットになにをつたえたいのかわからない日記記事。

あとから読むとメチャクチャ恥ずかしい記事です。

わかっているのに、ブログはじめたころってどうでもいい日記のようなものを書いてしまうんですよ。

 

しらないひとのただの日常や体験なんてみている読者からしたらどーでもいいし、なーんにも役にたたないんです。

役にたたないブログにSEOだのデザインだのをかんがえてもぜんぜん意味ないです。

「日記記事だけはやめましょう…芸能人じゃなきゃほんと意味ないです」

 

2.ブログで誰に対して、何を言いたいのかがわからない

何をつたえたいのかわからない記事になっていませんか。

特化したブログでもなく意味なく記事をかいているだけで、

文字数だの記事数だけをきにしても内容がつまらなければよまれません。

 

タイトルに沿って伝えたいこと以外に話がそれないことが大切

言いたいことがわかりにくい記事はだれも読まないし、

読まれてもなにがいいたいのか伝わらず、すぐに離脱されます。

 

3.ブログは文字数よりも読者目線の記事を書くこと

読むひとを無視したブログで文字数・記事数をいくらふやしても意味がないです。

読者の滞在時間が瞬間的なブログは作るだけムダです。

たくさんの文字数でかいた記事でもよまれなきゃなんにも意味ないです。

 

読みて目線できじをかくのはじぶんのかきたいようにかけなかったと、

はじめはたいへんかもしれませんがもっとも重要なことのひとつです。

作成した記事が自己満足になっていないかよく意識してかいてみましょう。

 

4.ブログを作成する前のスタート時点で結果が決まる

わたしの場合は、役立つ情報を発信して「ブログで稼ぎたい」って動機ではじめたのですが、スタートがテキトーだったので、いろいろ苦労しました。

目的によりますが、わたしのように「ブログで稼ぎたい」って場合には、めちゃくちゃスタートのさせ方が重要なのだと、それはそれは痛感しました。

さしたる思いもなく、ただブログをはじめると必ずグダグダな記事を量産して、なーんの成果もあがらないクズ記事ができあがります。

世の中なんでもそうですが、情熱なく取り組んだものに対しては超天才以外は、それなりの結果しかでないようになっています。

その点を見過ごして、あれだけ記事を書いたのに成果があがらないと思って、どんどんブログがイヤになって…って、完全に因果応報なのに、自分では気付きにくいんですよねー。

だからこそ、スタートがメチャクチャ重要なんです。

ブログをはじめるときは、

  • 目的を明確にする
  • ひと記事ひと記事、丁寧に書く
  • 顔が見えるようにプロフィールを書く

は、最低限意識してはじめるだけで、ぜんぜん成果が変わります。

仕事にそそぐ厳しさとおなじくらい、丁寧にこなしてはじめて成果あがる可能性が出てくるのが、読まれるブログを育てるコツです。

今一度重要なので言いますが、スタートが肝心です!!というより、スタート時点で結果は決まっています。

 

5.ブログを作成する前に、先人の忠告は素直に受け入れよう

ブログをはじめる前に、ググってやり方とかゼッタイ見ますよね?

せっかく成果を上げている先人たちがいろいろな忠告をしてくれているのに、なぜかその逆を行ってしまう天邪鬼はわたしでした。

もし、職場で新人がメモも取らず、勝手にルールを変えて自己流で仕事をしていたら、注意しますよね?「勝手なことすんじゃねーって!」

でもブログはひとりでコツコツとはじめる人が多いと思うですが、もし間違った方法で作成していたとしても誰も注意も怒りもしません。

これって、メチャクチャ恐ろしいことだと思いませんか?

間違った方法をしているのに、本人だけ気づかずムダなことをずーっとやっているかもしれないんですよ!!時間のムダ以外何者でもないですよね。

ブログは、ある程度「型」というか最低限のルールのようなものが存在します。

  • タイトルはSEOキーワードを含めよう
  • 毎日ブログの更新はしよう
  • ただの日記を書いちゃダメ

他にも、いくらでも先人たちの知恵がインターネット上にいくらでも上げられています。

インターネットの情報は怪しいなんて勘ぐらず、最初は自分の考えなんてポイして、素直に書いてある通りにブログを作ってみるのもいいかもしれません。


スポンサーリンク

6.ブログを作成したら書く前に色々悩まない

ブログで記事がぜんぜん無いのに、デザインの見栄えにこだわってたりしませんか?

Webデザインについての専門的ブログなら意味もありますが、そこまで読む人はデザインを気にしていませんよー。

なにが言いたいかと申しますと、記事以外のことにムダな時間と情熱を注いじゃダメ!!ってことです。

インターネットでブログをいろいろ見ると、それはそれは凄いブログがたくさんあるし、自分のなにもないブログが貧相で不安になるかもしれません。

しかし、ググって1ページ目に表示されるブログたちが初めから、立派なものであったわけではありません。

みんな、地道にクオリティの高い記事を発信し続けたから、それこそ地道な地道な努力によって上位表示されているのです。

ブログをはじめたばっかりの時は、色々と悩む前に一記事でも多く、読まれる記事を発信できるようになることを一番に考えて、さっさと書き出しましょう。

 

7.オリジナリティを出せるように意識する

始めたばかりの時は、いろいろな人が作成したブログを参考にして記事を書きだしていく人が多いとおもいます。

もちろん、人のブログを参考にするのはすごく大事なことだし、ライティングレベルのアップに欠かすことはできない要素でしょう。

しかし、オリジナリティの欠片も感じられない、まるで広告のコピーライティングそのまま持ってきたような記事になっていませんか? (もちろん、コピペなんてゼッタイダメー!)

読まれているブログは良くも悪くもオリジナリティにあふれ、それに惹かれて共感する読者が読んでくれているから、アクセス数も上がるんですよ。

そんな記事を書くには、自分だけの考え・思いをうまく発信するクセをつけなきゃダメです。

人のブログで参考にするのは、「SEO」「デザイン」「表現方法」など、テクニック的なところだけで、記事の内容をマネするわけではないです。

あなたにしかできない表現で、独自のリズムがある、オリジナリティあふれるブログになるように意識して書いてみてください。

 

8.ブログを初めてすぐに広告をベタベタ貼らない

私が最初にやってしまった失敗で、ブログで稼ごうとあせってベタベタと貼りまくっちゃいました。しかも、関連性も薄い広告まで…

言うまでもなくまったく無くそれこそ0円で、記事も安っぽい広告みたいになって、何にも意味がなかったし、むしろマイナスでした。

すごーくいい記事でも、適切な広告の配置を考えず、あちらこちらにペタペタと貼ってたら、仮にリピーターになるかもしれない読者さんに対し、自分から拒否してるようなものですよ。

ましてや、あまりのクリック欲しさに、スクロールについて来るような、うざ~い広告を貼ったりしてたら最悪です。(ユーザ側に立つとウザく感じませんか?)

ブログは記事が命であり、広告はおまけに過ぎません。とうぜん、物販サイトであれば広告ありきになるでしょうが、うさんくさいことが書かれてても、誰も買いませんよね?

リアル社会でも、会ってすぐにお金の話をする人なんていませんよね?そんなの、自分から人間関係を壊しに行ってるのと同じです。

最初は、広告を貼るよりもどれだけ価値を提供できるか?だけを考えれて記事を作らなきゃダメですよ。来てくれたらなあ~なんて広告だれも見ません!

 

9.ブログのプロフィールは必ず書く

プロフィールがなく、記事をどんな人が書いているのかわからないというのは、ブログに共感ができないし、記事の信頼性も揺らいでしまいます。

メチャクチャ重要なのに、意外と面倒だからと言って後回しになりがちじゃないでしょうか?しかし、ブログを読んでもらいたければ最低限のルールの一つがプロフィールです。

ブログへアクセスしてくる人は、有名人でないふつーの人のことなど、誰も知りませんし、むしろ警戒してるので、プロフィールで少しでも安心してもらいましょう。

共感、信頼ポイントとが多ければ多いほど、自然体で読まれるようになるもので、小手先のSEOなんかより共感、信頼を高められるプロフィールはよっぽど重要です。

嘘はもちろんダメですが、自分から読者さんに対してさらけ出す気持ちでプロフィールを充実させましょう。

 

10.良質な記事は、クズ記事の1000倍のアクセス数

1000倍は言いすぎだと思うかもしれませんが、中身のないダメダメな記事なんて「一日1アクセス」なんてこともあるので全然そんなことはありません。

ブログで人に読んでもらいたいと願うのであれば、「いい記事を書く!」という単純明快なことを、まずは毎日つづけるしか近道はありません。

中古ドメインを買って記事は外注をして、ブラックなSEOで最適なロジックを組みツールで廻すなんてラクを最初からかんがえても、知識と資金がなければリスクの方が大きいでしょう。

例えば、Googleでは ★パンダアップデート例★ たびたび、良質なコンテンツを残すためにアルゴリズムを改良してクズ記事やブラックSEOをほどこしたサイトを駆逐しようとしてきます。

しかし、良質な記事を持っていればこのようなアップデートは嬉しいかぎりだし、だれに恥じることもなく公開し続けられますし、それがもっとも価値のあることだと断言できます。

結局、ブログでアクセスを集める一番の近道は適切なホワイトSEOをほどこした良質な記事をたくさん作る。というあたりまえ過ぎる結論になるのです。

まずは、良質な記事をつくることで初めてスタートに立てる!くらいの気持ちでブログに向き合ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とくに、ブログをこれから始めようかな?なんて人にはぜひ見て参考にしていただけたらとおもいます。

忘れないように、10個のポイントをまとめておきますので心の片隅においておいてください!

 <ブログ作成で「10コ」の大事なポイント>

  • 他の人にはどうでもいい日記のような体験談は「ゼッタイダメ」
  • テーマをハッキリとさせ話がそれないように注意をする。
  • 読者の役に立つクオリティの高い記事を書く。
  • スタートが肝心!!スタート時点で結果は決まっている。
  • インターネットの情報は怪しいなんて勘ぐらず、最初は自分の考えなんてポイして、素直に書いてある通りにブログを作ってみる。
  • 記事以外のことにムダな時間と情熱を注いじゃダメ。
  • 自分だけの考え・思いをうまく発信するクセをつけなきゃダメ。
  • 広告を貼るよりもどれだけ価値を提供できるか?だけを考えれて記事を作らなきゃダメ。
  • 小手先のSEOなんかより共感、信頼を高められるプロフィールはよっぽど重要
  • ブログでアクセスを集める一番の近道は適切なホワイトSEOをほどこした良質な記事をたくさん作る。



スポンサーリンク


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログは固い文章だと絶対に読まれないから直すべき秘訣を4つ伝授!

この記事のターゲットはブログをフランクにやわらかく書こうとしても固い文になってしまう悩みをお持ちの人にむけたものです。 ぼくもそうなのですがブログを読まれやすいように書いているつもりでも、まるで仕事で …

50記事を書くとブログアクセス数は確実に1000PVは超える理由

ブログをはじめてから「50記事目」になりましたので、どれくらいのPV数になったのか紹介します。 これからブログをやっていくなら ゼッタイに気になるがPV数でしょう。。 とくに、インターネットの副業とし …

ブログのヘッダ画像がプロのクオリティで無料に作れるサイト「Canva」

ぼくは右も左もわからない初心者の状態からブログをつくっているので、 ブログをはじめたときの画像やデザインのサイト探しの苦労を身をもって体験しています。   とくにブログのタイトルにつかうヘッ …

初心者が月間2000PVを達成するまでに実践したブログのやり方をご紹介

まだまだビギナーブロガーですが日々ブログを更新していて、 月間2000PVをこえてきたのでふりかえりの意味もふくめて、 月間2000PVのブログにどうやってなったのかを伝えます。   ブログ …

75記事をかくとブログアクセスの数が確実に3000PVを超える理由

25記事ごとに0からつくったブログがどんなかんじでPVがふえていくのかをリサーチしていて、今回は75記事目となります。 ちなみに25記事の時点でのPV数はこのようなものでした。   &nbs …