nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

人生

休日をダラダラと過ごさないないでやる気をおこす5つの秘訣

投稿日:

こんにちは。

毎日いそがしく仕事をしているからというのを言いわけにしてダラダラと休日を過ごしたりしていませんか。

平日に仕事をしていると頭がキレキレになるせいか、色々なことがスムーズに進むのになぜだか休日になるとスマホをいじったりとムダに時間をすごしてしまったり。

休日を無為に過ごしてしまったと後悔することが多いのに休日になるとそんなことも忘れてまたボケーっと。

そう風になるのはやりたいことをスケジュールしていないからで、目的が定まっていなければあたりまえのようにダラダラしちゃいます。

基本的に人間の脳ってよりラクな方に行動したがるものですから。

平日は仕事や学校などで半ば強制的に時間どうりにうごかされるから怠けないだけ。

そこで休みの日もある程度の規律をつくって行動してみましょう。

充実した休日をおくるためのコツはカンタンな計画をたててから行動することです。

1、平日と同じ時間におきるようにする

休日だからといって前日に飲みすぎたりして、起きたら夕方なんてことばっかりしてたら充実した休日をすごすなんて夢物語です。

平日ほど早くおきなくてもかまいませんが、お昼をすぎてもひたすら寝てるほど惰眠を貪ってはダメ。

寝て時間を消費すればするほどだんだんと動くのもめんどうになって、結局一日なにもしなかったなんてことになりがちです。

一日のスタートが肝心でちゃんと起きるだけで充実した休日をすごすための秘訣の半分はクリアできます。

いつもとおなじ時間に起きるというのは、休日になっても平日のリズムを大きく崩さないことが目的です。

ある程度の厳しさをもって規律ある休日を過ごすことがムダな1日を過ごさない秘訣の1つです。

そのためのスタートである起床はとても重要です。

2、やりたいことは紙に書き出す(パソコンじゃダメ)

やりたいことは紙に書きだしておいてください。

パソコンじゃダメなのは電源をつけるまでがハードルになるから。

紙に書きだすものは休日に片づけたいTODOのみで、余力が残るくらいのタスク量にしておきましょう。

休日にいきなり「勉強10時間」なんて途方もない予定をかんがえても結局やらないと思います。

あくまでもできる範囲でやりたいことを書きだして、休日をムダに過ごさないクセをつけましょう。

まずは休日にやる習慣をつけられれば充実した休日を送る第一歩を踏みだせます。

3、おきたら速攻シャワーをあびて着替える

布団のなかでいつまでもダラダラしないように起きたらすぐ行動。

シャワーはそのキッカケとしてとても効果的です。

休日をムダに過ごす原因は布団のなかでダラダラ過ごすことが大きいと思います。

二度寝、三度寝をくり返したりスマホを永延といじっていたり。

スタートがダラけていると一日中グダグダしたまますごすして結局何にもしないままになりがち。

シャキッとした規律のある1日をすごすためにも起きたらすぐ行動。

シャワーがムリだったら少なくともスグに布団からでましょう。

充実した休日をおくりたければ1日のスタートがいちばん大事です。

4、勉強したかったらまずは机に座る

休日に勉強や仕事を進めたいのだったら考えるまえに机に座ること。

勉強しようと思ってたのに全然できなかったなんて、「何時になったら始めよう」とか自分に都合のいい訳をしていつまでたっても始めないことが原因。

そんな風にならないようまずは机に座って10分間だけ集中して勉強をしてみてください。

かったるいのは机に座るまでではじめてしまえば案外スムーズに進むことを実感できると思います。

流れにのっちゃえば予定していた勉強や仕事をたんたんと進めるだけ。

コツはまず机に座る。カンタンなことですね。

5、早い時間にやることは終わらせて夜はゆっくりする

休日に勉強などやりたいことがあるならできるだけ早い時間のほうがいいです。

なぜなら、夜になれば予定があったり翌日の仕事にそなえてカラダを休めたりと、やりたいことをする時間が制限されることがちになるからです。

早い時間にやりたかったことを終わらせちゃえば充実感した夜もすごせます。

後に後にやろうとしてもどんどんと面倒になって結局やらないで休日を過ごすだけ。

休日を充実した一日にしたければ先に先にやってしまうクセを心に刻みましょう。

6、まとめ

休日を充実してすごせばダラダラとムダにしていた頃と比べ、人生に劇的な変化がおとずれます。

誇張して表現しているわけではありません。

休日をダラダラ生活しないことをクセ付けると計画的に動くということが無意識に習慣化されてきます。

生活を向上するにはよい行動を習慣化させなくてはなりません。

習慣化する重要性は「ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者)」がこのように言っています。

「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」

休日の行動をあらためることで運命を変えるひとつのキッカケになります。

もう、ダラダラと意味のない休日をすごさないように5つの秘訣を心に行動してみてください。


-人生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

言いたいことを言えないがあまりにも酷すぎる件について

とつぜんですが、わたしは相当にいいたいことが言えない性格をしていて苦労しています。 例えば、 ざるそばを食べていて、そば湯が欲しくても店員にいえない 店で間違って一品忘れられていたとしてもいえない 回 …

気楽に生きる5つの秘訣-考えかたで人生をかえるコツ

日常でイヤなことがあると人生が生苦しく感じてしまったり、まわりの環境にどれだけ左右されて生きているのか実感できると思います。 「病は気から」というコトバのとおり感じ方によっては心にも体にもダメージを負 …

他人言うことなど聞かずに図太く無神経なことが人生を成功させる秘訣

仕事でもなんでも損をしないように生きていくには、 ちょっとやそっとのことなどまったく気にしない、 それこそ図太い精神をもっていなくちゃやっていけない。   ぼくが働いているIT業界は病んでし …

人付き合いが下手で人間関係に悩んでいる人へ5つ改善ポイントを伝授

人間関係で悩むことほど、仕事が嫌になることはありません。 ちょっとくらい仕事が厳しかったりしても、人間関係が良好であればやっていけるけど、最悪な人間関係の中だと仕事は長くつづかない。   苦 …

他人の目、人の目を気にしていることほど不幸なことはない5つの理由

ひとの目ばっかり気にしてむかしは疲れることもあったけれど、それがどれほどムダなことか伝えたいとおもいます。 ほんと、どんなことよりもひとの目を気にして生きるのってもっともムダなことだし、人間関係ってい …