nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

人生

イヤミばっかりいってくる奴はスルーして100%OKな3つの理由!

投稿日:


ぼくはIT派遣ではたいているのですが(IT業界なんてほとんどの人が派遣みたいなもの)現場がかわるたびに知らない人とはたらきます。

合うひとばっかりだったらラクなんですが、そんなこともなく、むしろジメジメとした嫌味ったらしい奴がおおかったりします。

理系特有の面倒臭さというかメチャクチャ細かい人とかいて、どちらかというとおおらかな自分には合わないひともたくさん。

 

客先ではたらくことがほとんどだからお客さんがイヤなひといるし一緒にはたらく仲間もはじめは嫌味をいってきたり。

スルースキルが無いとIT業界なんて病んで働けなくなってしまうことがおおく、実際IT業界ではうつ病での休職がおおいです。

 

10年以上そんなIT業界ではたらいているうちに受け流しスキルというかスルースキルがものすごく上がりました。

かんたんに言うといちいち合わないひとと正面からぶつかってもストレスが溜まるだけだから、何をいってきても気にしないってスキルです。

どうすれば嫌味なやつと一緒になってもスルーできるのか?実践していることをご紹介します。


スポンサーリンク

(1)イヤなやつや嫌味なやつのスルー方法の3つ

1、聞き上手になって話を聞いてあげる(基本反論しない)

嫌味ったらしくいってくるやつってやたら早口だったり、有給を取るっていうだけでブツブツいってきたり。

いつでも嫌味ったらしくいうひとはそれが口癖になっていることがおおいので、いちいち付き合わずまずは聞いてあげるスタンスでいきましょう。

 

有給を取るだけで「なんでいそがしいのに休むの?」なんて言ってくるなら、

「ごもっともです、配慮が足りませんでしたが、このタイミングしかないと判断しまして…」と聞いてあげましょう。

 

コツは「正しいことを教えてくれてありがとう」と下から持ちあげて教えてくれたことを感謝するていで。

むかつくとかいう感情は持たず(バカバカしいので)条件反射的にできるようになればOK!

 

2、自分が合わないとおもったら合わせる必要ない

どんなにまわりから凄いとほめたたえられていたり、たかい役職にいるひとであっても合わないとおもったら合わせる必要はないです。

派遣だと特にお客さんに合わせなきゃと必要以上にへりくだったりして擦り減っちゃうひとがいるんですが、まったくムダです。

つかれるだけだしどんなに合わせようとしたって苦手とおもっているひとと合うようになることって稀。

 

そういう苦手なひとからは嫌われてもいいやってくらい開き直って、どんな会話となっても「はい、はい」と受け流しちゃいましょう。

もちろん最低限の仕事上のやりとりはしっかりしましょう。


スポンサーリンク

3、こういう人間にはなりたくないなと反面教師にしてスルー

 


嫌味ばっかりいってくるやつの人間性なんて手本にするところがひとつもないのだから、「こうなったら終わりだな」くらいおおらかにスルーしましょう。

だいたい嫌味ばっかりいうやつなんてコンプレックスの塊で自分より下にしかいえないような人間ばっかり。

ストレスをためる分だけまともに聞いても損なのでどんどん受け流してスルーしましょう。

 

たまに、「なんでできないの?なにやってんの?」など、いつまでもネチネチうざいやつもいますが根気強く聞き流しましょう。

反応が薄いとそのうち言わなくなってきますので、相手をしちゃダメです。

 

本当に仕事ができていそがしいければ人にネチネチいう暇なんてありませんので、ネチネチいうやつ自体仕事ができないことがほとんど。

そんな「仕事ができないのに新人にはネチネチいうイヤな奴」は反面教師としては最高ですね。

 

(2)イヤなやつや嫌味なやつの特徴

1、コンプレックスの塊

完全に偏見だけど嫌味をいってくる奴って微妙な立場の奴がおおい。

「親会社から転籍したきた(左遷された)ひと」「何年もおなじ仕事をやっているのに一向に出世しないひと」等々

何かしら不満を抱えている人ばっかり。

 

嫌味を言ってストレス発散しているんだろうけどまわりの人間からしたらストレスでしかない。

自分の仕事に自信をもって取り組めているひとが嫌味をいうことはないんじゃないだろうか。

 

2、ひとの受け売りばっかりいう

自分が無いというか、上司に媚びているのかわからないけれど、偉い人が言っていたことを並べてネチネチ嫌味を言うやつもいる。

そういうやつに意見を言っても受け売りしかないから話すだけムダ。

「だれかれがこう言っていた」ということ年がら年中いってくる奴ほど信用できない奴はいない。

 

3、何かのせいにばっかりしている

嫌味ばっかりいうようなひとは仕事の環境だとか待遇だとか、不満におもっていることの原因を自分以外に押しつけようとする。

それが嫌味というかたちで他人に発せられるのですから、まともに取りあったらやってられません。

ほんとうに大人のひとは自分のやったことに対して人にあたるようなことがゼッタイにしません。

 

どうでしたか?

こんな人たちに嫌味をいわれてストレスをため込むくらいならスルーしたほうがいいと思いませんか?

ストレスがおおい社会ですのでスルースキルを高めてこういう人たちから身を守りましょう。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


-人生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダメンズ診断をしたけどダメンズがおもっている素直な気持ちをご紹介

ダメンズのチェックというサイトがあったからやってみてダメンズ度70%で、まぁそうだろうなとおもってダメンズの気持ちを書いてみました。 彼は次の項目のうち、いくつ当てはまるかしら? その数をチェックして …

本を読むだけで人生を劇的に変えることができる3つの大きな理由とは

読書ってどういう効果があるのかをわかりやすく説明するため、本を読むようになってどんな変化があったのかを書いていきます。   ぼくは、もともと本を読む習慣がまったくなかったのですが、毎日すこし …

人生を前向きに生きていくために送る珠玉の名言10選

迷ったり停滞しているときには歴史の偉人の言葉が心に突き刺さります。 とつぜんですがあなたは座右の銘をもっていますか。 人生の道しるべとして過去の名言はいつの時代も普遍的なものです。 大切なことは心がう …

他人言うことなど聞かずに図太く無神経なことが人生を成功させる秘訣

仕事でもなんでも損をしないように生きていくには、 ちょっとやそっとのことなどまったく気にしない、 それこそ図太い精神をもっていなくちゃやっていけない。   ぼくが働いているIT業界は病んでし …

成功する人と失敗ばかりする人で異なる思考の大きな5つの違い

「人は自分の思ったとおりになる」という有名な格言のとおりに無意識であってもすべての事柄は自分がつねに思い描いていたことが起こっているだけです。 このことを成功する人は心から理解していて、あらゆる結果に …