nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

人生 作業効率化

集中力がないと悩んでいたぼくが劇的に集中力をあげられた5つの秘訣

投稿日:

集中力が保てなくてやりたいことが終わらない。

成果をあげるにはかぎられた時間で仕事や勉強を終わらせなきゃならないのにうまくできない。

 

ぼくはITエンジニアとして働いているのですが資料ひとつをつくるにしても、

注意散漫でいろんなことが頭にめぐっていると時間ばっかりかかってイマイチなものしかできないことがたくさんあります。

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺ってまさにその通りで、ふたつのことを同時にやると結局時間もかかるしできも悪い。

わかっているけどひとつの事に集中してやるって意識しないとむずかしいです。

そういう頭に雑念がうかんで集中力が保てないって悩んでいるひとに向けて、

集中力がないことに悩んでいた僕が実践して効果の高かった5つの集中力をあげる秘訣をご紹介します。


スポンサーリンク

1、15分以内に時間を区切って作業をする

一般的に人間の集中力って90分が限度って言われているようですが、

集中力が無いと自覚している僕はせいぜい15分くらいが集中力を保っていられる限界だとかんがえています。

 

やることは簡単で仕事や勉強をはじめる時間から15分だけ集中したやることを意識するだけ。

15分やったら15分休憩してやりたいことをやるのでもよし、とにかく15分間は集中することだけに全神経をそそぐ。

 

はじめは15分でさえ集中力を保っていられないかもしれません。

そしたら5分でも10分でもいいので自分で決めた時間ないだけはひとつのことに集中する。

どんな作業であっても時間を区切って集中することを意識するだけで、

やりたかった作業などが劇的に進むことを実感できます。

 

2、10秒間瞑想してからはじめる

日々いろんなことが悩みとしてあるとおもいますが集中力を低下させる最大の原因はいろんなことが頭に浮かぶからです。

そういう雑念を整理する為に何かをするまえに頭をからっぽにする意味で瞑想はとても効果が高いです。

 

瞑想といっても目をつぶって10秒間頭の中をからっぽにするよう意識するだけ。

雑念がない状態でやるべきことだけに意識を集中させることで目標だけにより意識を集中できます。

 

頭をからっぽにすることを意識してみるとどれだけ雑念がかってに頭の中に浮かんでくるのかわかります。


スポンサーリンク

3、よい姿勢で作業をする

単純なことですが背筋をのばししっかりとした姿勢でデスクワークなどをすると効率がいいです。

 

「集中するときは姿勢も良くする」と意識することをつづけていると、

自然に集中したいときは姿勢を良くしようとからだが勝手に反応するようになります。

 

単純な方法ですが実践してみて効果が高かった方法で瞑想も姿勢を良くしてやることで集中力がさらに増します。

 

4、感情的なことを頭の中から排除する

勉強をする前は面倒くさいなど負の感情が頭のなかに渦巻いているかとおもいます。

好きなことだけをするのであれば面倒だなんて意識も芽生えてきませんが、勉強や仕事ではかならず負の感情が芽生えてきます。

そういう感情的なことは一切頭の中で考えないようにするのが集中力を高めるために必要です。

 

どんなに面倒くさそうなことであってもひとたび作業を始めたら、

終わらせることだけに意識を集中して感情的なことが頭の中に浮かんでも強引にでもかんがえないようにする。

勉強や仕事はある意味機械的やることを意識すると集中力が増します。

 

5、二つのことを同時にやらず一つのことに集中する

同時進行は効率がよいように見えてもっとも効率のわるい方法です。

二つのことを同時にやるのであれば一つ一つを短い時間に区切って順番にやった方が10倍成果があがります。

 

二つのことを同時にやるとどうしても集中力が分散されてしまいます。

ひとつのことに全神経を集中させることがもっとも勉強や仕事で成果のあがる方法で結果的にスピードも速いです。

 

頭に雑念を芽生えさせないように意識することもおなじことが言えるのですが、

集中力を低下させる一番の原因は頭にうかぶ色んな考えに意識が分散されてしまうことです。

そういう雑念を排除する意味でもひとつのことに集中するというのが効果的な集中力を高める方法です。


スポンサーリンク

6、集中力があがって思ったこと

短い時間で集中するという意識をもってから短い時間で成果をあがられるようになった。

 

集中力を意識しないで仕事や勉強をしていたころは何をするにも時間ばかりかけているわりに成果があがらず、

ダメな自分に自己嫌悪のようなものを感じていました。

 

ここぞという時に集中力を発揮できるようになると生活にメリハリがついてきます。

やるときはやるけど、やらないときは一切やらない。

 

集中力を高めるのに一番大切なことは頭の切り替えができるかどうかだとおもいます。

「やるべき時にひとつのことだけに集中してする」と意識を変えるだけで劇的な効果があります。

かならず効果がありますので集中力が無いって感じているひとのお助けになればうれしいです。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。


-人生, 作業効率化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

成功をするための秘訣は行動をするだけと至ってシンプルな4つの理由

成功をめざすならいまやるべきこと、できることをすぐにやるという習慣を徹底するだけで人生は成功したようなものというお話し。 ほとんど成功や成果をえられない理由ってなにかと言い訳をしてはただやっていないこ …

大人の人見知りを解消するには明日からでもできる3つを実践するだけ

ついつい意識しないようにしているのに人と話す時に緊張しちゃってぎこちなかったり、なんだか会話がはずまなかったり… 大人になっても人見知りを自覚しているけど、そんな自分を直したいなっておもっているひとい …

やらなくちゃダメことをゼッタイ先延ばししないことが人生うまくいく秘訣

先送りにするのは愚の骨頂。 これ私のクセでもあるんですけど、なんでも先送りにしてためてからギリギリになって慌ててはじめるんです。 ゼッタイ明日にしたら後がたいへんだってわかっているのに、今をラクしたい …

自己啓発セミナーは必要無い!自己啓発書のエッセンスは5つで十分!

こんにちは、ちょくちょくとこちらのブログを書いている、「yuruyuru」です。 あなたは、意識高い系の自己啓発本って読んだことありますか。 マルチなことにハマってるひとが好きそうな本で読むだけで意識 …

成功する人と失敗ばかりする人で異なる思考の大きな5つの違い

「人は自分の思ったとおりになる」という有名な格言のとおりに無意識であってもすべての事柄は自分がつねに思い描いていたことが起こっているだけです。 このことを成功する人は心から理解していて、あらゆる結果に …