nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

人生

他人言うことなど聞かずに図太く無神経なことが人生を成功させる秘訣

投稿日:

仕事でもなんでも損をしないように生きていくには、

ちょっとやそっとのことなどまったく気にしない、

それこそ図太い精神をもっていなくちゃやっていけない。

 

ぼくが働いているIT業界は病んでしまうひとがたくさんいるけど、

病まないひとに共通していえることは一言でいうと無神経なひとがおおい。

図太いどころか何があっても気にしないというひとばかりだ。

 

病んでつぶれてしまうひとほど繊細というか真面目すぎる人がおおい。

ちょっと言われただけでダメージを受けてしまうなど、

相手の言うことを真面目に受け取りすぎているのかなとおもう。

 

ぼくも昔は相手によい印象をあたえるように行動してました。

お客さん相手だからと必要以上に気をつかってつかれてしまうこともあった。

そんなふうにひとりで努力して気に入られようとしても、

なぜか無神経でなにも考えていないようなひとのほうが気に入られるんですよね。


スポンサーリンク

■図太い人は自分を偽ることをしない

図太い無神経なひとが気に入られる理由って、

つくっていないそのひと自身の性格のままのひとがおおいからだとおもう。

 

気に入られようとか周りの目を気にしていると、

なんだかつくったような性格が相手にも伝わるんですよね。

せっかく気に入られようとがんばっているのに、

気をつかえばつかうほど損をしているという悪循環。

 

仕事で上司やお客さんに気をつかうのは当然ですが、

自分の性格を偽って何者かを演じてもたのしくないし、

そんな生活をしていたら仕事でまいってしまう。

 

いっぺんカラをやぶって「どう思われてもいいや」と、

ありのままの自分で過ごすことを意識すると、

自分がどうしたいのか?ということが行動の起点になるので、

自然に図太くというか無神経になってきます。

 

まわりのことなど必要以上に気にしないほうが損をすることが少ないです。


スポンサーリンク

■自分の人生を生きたければ無神経になる

他人の目を気にしてばかりいたら他人の人生を生きることとおなじこと。

いちいち神経をつかっていてもこちらのことなど気にしていないことがほとんど。

図太く生きるというのはまわりにどういわれても気にしないということ。

 

上司やクライアントに気に入られようと話を合わせることは、

サラリーマンであるからには大人の対応が必要な時もあるけれど、

必要最低限に気をつかってちゃんと仕事をしていればいちいち気にする人もいない。

 

他人がいってくるネガティブなことなんてほとんど役にたたないです。

いちいちそんなことを気にしていたら自分の人生なんて生きられない。

無神経になるっていうのは他人の意見にいちいち左右されない心をもつこと。

 

■無神経になるには感情的な批判は無視する

感情的に接してくる同僚や上司っていますよね。

そういう人間の感情にいちいち振り回されるのはバカバカしいので無視しましょう。

全力で仕事をしている人間に対して結果間違っていたとしても、

つっかかってくる人間をまともに相手にしていたら神経がまいってしまいます。

 

図太く無神経になるのはそういう批判をしてくる人をフィルタすることです。

ようするにどうでもいい人の意見をシャットダウンするということ。

 

そんなことをしていたら嫌ってくるひともでてくるかもしれませんね。

しかしすべての人間と仲良くなるなんてできないですし、

上辺だけの関係がいくらたくさんあっても疲れるだけだとおもいます。

 

そういう合わないひとはまわりを気にせず無神経に生活しているうちに、

自分のまわりから自然といなくなります。

そうやって面倒な人間関係に巻き込まれないように図太く無神経でいたほうがラクです。


スポンサーリンク

■他人の言うことを鵜呑みにしない無神経さをもつ

「清貧に甘んじる」という言葉があります。

意味は「清く正しい行いをして私欲を求めず貧乏暮しで満足すること」らしい。

 

自己実現なる「夢」をエサに、

どんな理不尽なことでも納得させるブラック企業の標語のようですね。

自分の考えをもたずに盲目的に他人のいうことを信じても損をするだけです。

 

図太く無神経に生きるというのは自分の価値観をもつということ。

価値が無いとおもうことや発言にはとことん無関心になって、

自分勝手に生きていたほうがよっぽど充実した人生を送れます。

 

他人の言うことほどあてにならないことはありません。

自分の意見をいちばん大切にして図太く無神経に生きるのはラクですし、

後悔の無い人生を送れるんじゃないかなとおもいます。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったら嬉しくおもいます。


-人生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

問題の先送りしてしまうクセがある愚図が劇的にかわる6つのステップ

やりたいことがいっぱいあるけどおもっているだけで行動にうつせなければ、 おなじ悩みを何年もかかえこんだまま進むことなく一生解決しないでしょう。 そんな不毛なじょうたいを劇的にかえたければグズな性格をな …

言いたいことを言えないがあまりにも酷すぎる件について

とつぜんですが、わたしは相当にいいたいことが言えない性格をしていて苦労しています。 例えば、 ざるそばを食べていて、そば湯が欲しくても店員にいえない 店で間違って一品忘れられていたとしてもいえない 回 …

自己啓発セミナーは必要無い!自己啓発書のエッセンスは5つで十分!

こんにちは、ちょくちょくとこちらのブログを書いている、「yuruyuru」です。 あなたは、意識高い系の自己啓発本って読んだことありますか。 マルチなことにハマってるひとが好きそうな本で読むだけで意識 …

成功する人と失敗ばかりする人で異なる思考の大きな5つの違い

「人は自分の思ったとおりになる」という有名な格言のとおりに無意識であってもすべての事柄は自分がつねに思い描いていたことが起こっているだけです。 このことを成功する人は心から理解していて、あらゆる結果に …

気楽に生きる5つの秘訣-考えかたで人生をかえるコツ

日常でイヤなことがあると人生が生苦しく感じてしまったり、まわりの環境にどれだけ左右されて生きているのか実感できると思います。 「病は気から」というコトバのとおり感じ方によっては心にも体にもダメージを負 …