nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

仕事

人生はつまらないと思ってたら見つめ直すべき5つ

投稿日:2017年1月17日 更新日:

僕は、35歳の中年?青年?のサラリーマンなんですが、

毎日、満員電車にゆられて仕事にむかっていて、ふと思ったことがあります。

それは、非常に誤解があることかもしれませんが、朝の通勤電車のまわりにいる人は無表情でつまらなそうに見えます。

他人は自分の鏡というか、まさに自分自身がつまらない仕事に辟易しているからからそう見えるのかもしれません。

仕事がつまらないというのは、今後も多くの時間を仕事にささげるであろう身としてはつらいものがあります。

しかも、世間で言われるような35歳転職限界説なんてものをみると余計に憂鬱になります。

しかし、惰性で仕事をしてこのまま人生が終わってしまったらゼッタイ後悔すると思い、

なぜ仕事がつまらなく、毎回日曜日の夜は憂鬱になってしまうのかを自分自身で見つめ直してみました。

サラリーマンとして働くみなさんにも当てはまることがあるかもしれませんので、参考にしてくれたら嬉しく思います。


スポンサーリンク

1、そもそもなんで仕事がつまらないのか考えてみた

僕は、IT企業で客先常駐員として働いています。

かっこよくいえばシステムエンジニアですが、仕事の内容としてはほとんど派遣労働者と変わりません。

客先常駐というのは四六時中お客さまがいるのでとても神経をつかいます。

しかし、自分自身が仕事をつまらないと思う理由は、仕事を丸投げされるからとかコマ使いされている、

といった理由ではなく、そもそも自分が無感情に言われたことだけをやっていればいいやというマインドになっているからだと思う。

ワザと仕事量でつぶれないように、忙しいパフォーマンスしたり他社にそれとなく押し付けたり…

仕事をしているじゃなくて上手く立ち回っているだけで、仕事を終えた感動なんてあるわけもない。

日々、モヤモヤとつまらない・ネガティブな感情を頭に抱えながら仕事をしていれば、つまらないのは当然だと思う。

 

2、廻りや上司を気にしすぎている

これは、人によると思うけど、僕はどう思われているのかを気にする方だ。

しかし、どう廻りに思われているかを気にすることほどつかれ、意味のないことだと最近悟った。

定時が終わって仕事がなにもなくても、空気感で帰れないなんてIT業界では当たり前のようにあるけど、

評価や見えない廻りの空気に左右されることほどムダなことはないと思う。

結局、自分が思っている以上に誰もこちらのことなんて気にもしていないのに、、

 

3、自意識過剰なのかもしれない

仕事なんて淡々と終わらせて、その仕事を評価をされるかを気にすること自体がばかばかしいと思う。

でも、日本的サラリーマン根性にどっぷり漬かっているといちいち廻りの目を気にしてしまう気がする。

それは、自分が仕事ができる・頑張っていると思われたいという願望からくる、とても自意識過剰なことなのかもしれない。

ほんとうに、人は他人のことなんてそんなに気にしていないのだから、そんな無駄なことで神経をすり減らすのはばかばかしく思う。

他人にどう思われるかを一切考えず、仕事を終わらせることだけに注力することが大事なのではないだろうか。


スポンサーリンク

4、頑張っていたのに倒産することもある

僕は、転職してIT企業に就職したが、そのまえには出版業界で営業職をしていた。

そこでも、上司に気に入られようと(気に入られるとクライアントを融通してくれた)一生懸命に神経をすり減らした。

しかし、そんな上司も会社が傾いてくると、後輩である自分のことなど眼中にもなく、売上を着服して逃げてしまった。

そんな上司ではあるが、会社が順調だったころは後輩思いのよい先輩に見えた。

この経験でだいじなことは、どんなに他人の為に神経をすり減らしてもいざとなったら助けてくれないということ。

今の小さな立場を守るため神経をすり減らして他人の為に頑張ってもなんにも意味がない。

人生は他人のためではなく、自分のための人生なのだから。

 

5、楽しい仕事ライフは自分で作るしかない

正直、35歳も超えてくれば嫌だから簡単に辞めればいいとは言えないと思う。

しかし、辞めなくともマインドを少し変えるだけでも仕事環境はかわるのではないだろうか。

多少の軋轢が生まれるかもしれないが、自分がやりたくないと思ったら断るくらいの我儘さでいいと思う。

これは一例ではあるものの、仕事のやり方を根本的に見直すことが仕事を楽しむ秘訣だとおもう。

もちろん、日々の仕事はしっかりと終わらせなくてはならない。

しかし、必要以上にいい人というか安請け合いすることは、結局いいように使われるだけで損をする。

 

6、まとめ

自分が思っていることをただ羅列しているだけの記事になってしまったけれど、

現状の改善をあきらめ、脳みそ停止状態で仕事をしていたら一生後悔すると思う。

本来、仕事は与えられるものではなく、そして楽しくすばらしいものであるはず。

人生のほとんどは仕事をしなくてはならないのだから、仕事つまらない・人生つまらないと思っているなら、

一旦立ち止まってなにが問題なのかを導き出し行動することが大事だと思います。

 

最後まで見て頂きまして、ありがとうございます。


スポンサーリンク


-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大人に読書をおすすめ!読書で仕事をストレスなく進められる理由!

知識や経験を本をよみ追体験したことで、 まったくわからないことに頭をなやませることも少なくなり、 仕事がわからなくてストレスをかんじるようなことが読書をすることで減りました。   読書をする …

仕事が嫌だと思ってつぶれる前に伝えたい10のこと

日本のうつ病の患者は、厚生労働省の調べによると 厚生労働省が実施している患者調査によれば、 日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、 1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、 200 …

保守のSEはつまらないからIT業界に入らない方が確実にいい7つの理由

システムエンジニアとしてさまざまなプロジェクトへ派遣され働いてきましたが、どんな現場にいっても共通して「こういうところがイヤだな」と思ったことを書きます。 もちろん、どんな業界であっても仕事である以上 …

30歳以上からの転職はそんなに甘くないことを肝に銘じておくべき!

IT企業でサラリーマンをしながらブロガーをしている「yuruyuru」がこの記事をかいています。 今回は30歳以上の転職が成功するためにひつようなマインドをITプロジェクトでの現場経験からおはなししま …

SEの仕事でつらいプロジェクトマネージャのある一日の過し方を大公開

この記事はIT業界でこれから働くひと、いまIT業界ではたらいていて現場を移動するひととか、いろいろなひとに参考にしてもらいたい。 そこでプロジェクトマネージャという仕事についてある日の一日を書いてみま …