nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

仕事

仕事ができない人の5つの特徴を受けとめ仕事ができるようになるには

投稿日:

仕事ができないなって感じる人の特徴をご紹介します。

とくにサラリーマンで10年くらい働いて、中堅どころになってしごとができない困った人にスコープを当ててみました。

そういう人は、中途半端な役職についてたりするから、下につく人も苦労したりと実害が大きいですよね。

 

そんな迷惑な人を観察して「仕事ができない人」は「人に嫌われる人」とおなじような特徴があることがわかりました。

そんな困った人たちの特徴を5つあげてみました。


スポンサーリンク

1、ミスをしても言い訳ばかりする

失敗することは仕事をしている以上は、避けて通ることはできません。

ミスが自分のせいでなくても怒られたら謝るとか大人の対応が必要な場面もあるでしょう。

 

仕事ができない困った人はミスを認めず、廻りの人や状況のせいにしようとします。

例えば、その人が資料の作成に困ってから手伝ってあげたのに、その人が上司から指摘をされると手伝ったわたしのせいにされたり。

仕事が期限までに終わらなかったら、あらゆる理由をならべて終わらなかったことが仕方がないと永遠と力説したり。

 

ミスなんて誰にでもあるけど、言い訳なんて見透かされているから裏では大抵バカにされてますよ。

ミスに向き合わなかったら反省もできないから、いつまでたっても仕事で成長することはできません。

 

2、謙虚さがない

とくに中堅どころのサラリーマンで仕事ができない人は、謝ることができなかったりと謙虚さがまったくありません。

自分ではやり方を間違えてないとおもっているのか、人の忠告なんて聞きいれることもなく自分流で仕事を貫こうとする。

挙句のはてにまったくトンチンカンなことをして怒られるけど、聞き入れることもなく廻りのせいにする。

 

そんな態度を続けていると誰も言ってくれなくけど、言われなくなった理由が呆れられていることに気づかない。

人の話を謙虚に聞きいれられないと、プライドばかり高い仕事ができない人としてお荷物扱いされてしまいます。

 

3、言われた通りにしか仕事をしない

いつでもミスを人のせいにしようとしているのか、言われた通りにしか仕事をしないのも特徴のひとつ。

こういう人って二人の人物から指示を言われた時の言い訳がおもしろい。

 

たとえば、上司Aさんに指示を受けて資料を作り、上司Bさんに確認した時にできが悪くて怒られたとします。

そうすると、上司Aさんの指示通りに作ったとミスの責任をAさんになすりつけようとします。

ですが、言われた通りに作っただけと言い訳して「仕事の内容を理解していないのか」とさらに怒られる始末。

 

仕事ができない人は相手が何を求めて指示をしているのか、相手の気持ちや仕事の内容を理解しようとしません。

機械的に言われたことをやるのは仕事ではなくただの作業です。

あと、そういう仕事の仕方をしてきた中堅社員は下の人間に仕事を丸投げする傾向がありますね。


スポンサーリンク

4、仕事のスピードが遅い

仕事ができる人はメールの返信から資料の作成など、どんな場面においてもスピードが速いです。

仕事ができない人はメールの返信から資料の作成など、どんな場面においても圧倒的にスピードが遅すぎます。

 

メールの返信なんて今すぐにできることも後まわしにして、どうでもいいメールを翌日に送ってきたりします。

お願いされた仕事も期限に余裕があればその日に終わらせることなく、どんどん後まわしにしていく。

結局後になって細かい仕事がたくさん溜まって、忙しい・忙しいとひとりイライラとしていたり。

 

改善するコツは簡単なこと。今できることは今すぐにやる、これだけ。

 

5、仕事の優先順位がつけられない

仕事ができない人にマルチタスクを与えると、終わらせなくてはならない仕事を判断できないのか、平気で期限を破ったりする。

そして終わらない理由を聞くと、もう一つの仕事があったせいだと意味のわからない言い訳をします。

 

仕事の優先順位が付けられない人を見ていると、自分で判断することをしない、責任を負わないという傾向がある。

自分のことしか考えていないから、仕事が終わらなかったことで廻りがどういう風に困るのか想像できないのでしょう。

優先順位が付けられないということは、人の気持ちがわからないことと同じことです。

 

■治すには仕事ができないことを自覚するのが第一歩

仕事ができないと認めることが、仕事ができるようになる第一歩。

ミスをしたら自分の責任だと認め、同じミスを起こさないように反省しなくてはなりません。

どんなに理不尽なことで怒られても、原因の一部には自分の責任もあるのだと謙虚に受け止める度量が必要ですね。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IT業界で10年たって見てきたSEに向いてない人の7つの特徴

ブログを書いているのはIT業界で10年以上働いてくたくたの「yuruyuru」がおとどけいたします。 さて、IT業界で10年間で働いてきて、これはSEには向いていないなぁと思った人がもっている特徴を7 …

未経験でもパソコンが苦手でもゼッタイにはいれるIT仕事はこれです!

IT業界ではたらいている経験をいかして、これから転職をかんがえているひとに向けて、IT業界のお仕事を説明いたします。 未経験者からIT業界を目指すとなると、そもそもどういう仕事をするのかまったくわから …

30歳以上からの転職はそんなに甘くないことを肝に銘じておくべき!

IT企業でサラリーマンをしながらブロガーをしている「yuruyuru」がこの記事をかいています。 今回は30歳以上の転職が成功するためにひつようなマインドをITプロジェクトでの現場経験からおはなししま …

人前で話すときに緊張しないで上手にしゃべれるようになる5つの秘訣

おおぜいの人前でプレゼンをするどころか数人の会議でさえ発言ができないで、もはや置物同然となっていませんか。 今回はそんな数人の会議でさえしゃべることができなくて悩んでいて、そんな自分を変えたい!ってお …

仕事ができる人が実践している8つの秘訣

仕事ができる人とできない人では、どのように働きかたに違いがあるのか。 生きていくうえでは仕事をすることが避けてはとおれないと思います。 どうせなら、スマートに仕事を進めたいと誰しもが思うことではないで …