nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

仕事

仕事が嫌だと思ってつぶれる前に伝えたい10のこと

投稿日:

日本のうつ病の患者は、厚生労働省の調べによると

厚生労働省が実施している患者調査によれば、
日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、
1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、
2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、
著しく増加しています。

とあり、 2014年には、111.6万人と過去最多を更新しながら、100万人前後を推移している。

全体的な傾向として、 若い働き盛りの世代でうつが増えているのが現状です。

最近ではやっと、過酷なサービス残業をさせるブラック企業がやり玉にあげられ、ひどい労働環境を改善しようとする世の中の流れになってきていると感じます。

しかし、飲食店などではサービス残業をさせることで店がなりたっているようなブラック会社も多くあります。

このような会社は、法律より会社の利益を優先させる傾向がよくあるので、はたらいている人に一番のしわ寄せがくることになります。

サービス残業の強制であったり、不当な賃金の支払であったり、それでなくても会社という組織ではたらいていると、理不尽な目にあることはたくさんあります。

そのような過酷な労働で働かされているとうつ病になるリスクは飛躍的にたかくなります。

では今回は、そんな理不尽なことから「自分の身」を守るための心構えを紹介します。

1、自分のことほど大切なことはない

結論からいうと、理不尽なことから身を守る一番の秘訣は「自分の身ほど大切なものはないことを心に刻むこと」です。

ここでいう「自分の身」というのは自分自身であったり自分にかかわる家族や友人との生活のことです。

どんなに大企業に就職をして出世をしても、自分自身が壊れてしまっては人生の幸せは得られません。

仕事で身をもち崩すひとは、比較的優秀で責任感が高く、仕事ができるひとにおおい傾向にあります。

しかし、身も心もボロボロになって会社のために頑張っても、自分自身の人生が幸せでなければ頑張ってもいいことはありません。

大事なことは、会社や他人のいうことよりも、自分の心に正直に自分だけの価値観をもつことが大切です。

2、自分がやる必要のない仕事は他にまわす

ひとに任せると心配だし、自分がやったほうが早いし気もつかわないからと、やる必要もない仕事を抱えていそがしく苦しんでませんか。

いつも「忙しい・忙しい」と思ったら、どうでもいい仕事や他人の仕事を抱えているせいで忙しくなっているか、仕事そのものを見直す必要があります。

そもそも、一人の人がいないと困るような仕事があること自体リスクですし、その人が仕事に追われてつぶれてしまって困るのはまわりの人間です。

よくあるパターンが部下を信用できないで、なんでもやってしまう管理職の人。最悪です。

部下も育たず、管理職はいつも忙しくてキリキリしていれば職場の雰囲気もわるくなりますし、なにひとついいことはありません。

仕事はできるだけ他人を巻きこんで、自分だけで抱えこむような働きかたはしないように心がけましょう。

3、ブラック企業からはすぐに逃げましょう

よくあるパターンが、「夢・仲間・絆」などと美辞麗句を並べたあげく「将来独立のノウハウをつむための修行」だのといって、過酷な労働をさせる会社。

夢を語っている裏で、考えられないようなサービス残業をさせるような会社で働く価値なんてないし、そんな会社はブラックをあたりまえと思うひとを増やしているだけです。

そんなブラック企業にまちがって入社してしまい、すこしでもおかしいと思ったら、改善しようとか考えないで、速攻辞めましょう。

いまのご時世、ブラック企業で働かなくてはならないほど求人は少なくありませんし、身も心も病んでしまってはとりかえしがつかなくなります。

まず、残業代はどんな言い訳をされようとも支払われてあたりまえということを心にとどめておいてください。

4、「パワハラ・セクハラ」の被害を感じたら、即相談

「パワハラ・セクハラ」は強い立場(上司)の人が、弱い立場(部下)に対してすることがほとんどでしょう。

おかしいと感じたらなんにも遠慮などしないで、すぐに相談窓口や信用ができるひとに相談をしましょう。

上司との関係を気にしたりしてほっておくと、エスカレートする一方です。

もし、相談にのってもくれないような会社であれば、ユニオンに相談するのもひとつの方法です。(そもそも、相談にものってくれないような会社で働く価値なんてありません)

ハラスメントに対しては、毅然とした態度でおかしいとおもったことはすぐに相談しましょう。

5、自分だけで抱え込まずに、他人の力を借りよう

なんでもかんでも自分で抱え込んでしまう性格の人は、仕事や悩みでつぶれてしまう危険性が高いです。

だいたい自分の限界だと思う8割くらいの仕事を抱えていたら、断るなり他人の力をかりるなり、どうにかして仕事を抱えないようにしましょう。

むしろ自分じゃなくてもできるような仕事であれば積極的に他の人にまわせるように普段から根回ししておくべき。

仕事を抱え過ぎてつぶれてしまっては元も子もありませんから、最悪、ムリな物はムリだとはっきりと言うように心かけてください。

6、何が人生で一番大事なのかをもって仕事にとりくむ

仕事をするうえで、なんのために仕事をしていて、なにが一番大事なのかを明確にもっていることが重要です。

例えば、「家族との時間が人生で一番大事」だとはっきりとした優先順位をもっていれば、定時に帰りづらいからダラダラ残るなんてことしません。

「何が一番大事で、じぶんがどう行動するのか」を明確にもって仕事をすることで、理不尽なことにいちいち心を揺さぶられることもすくなくなります。

会社はあなたの人生をよくするために存在しているわけではなく、会社の利益をあげるために存在しています。

会社に利用されないためには、自分だけの価値観をもって仕事にとりくむことがとても大事です。

7、雰囲気や他人に合わせて仕事はしない

自分の仕事がおわり、定時になったのに帰りづらい雰囲気というだけで帰らないのは、はっきり言って時間のムダ。

ひとつの例ですが、こういったことは空気をよむ典型みたいな行動ですが、まったく意味がないことを心に刻みましょう。

「上司に気に入られるパフォーマンスのために定時後も残っている」なんて明確な目的があるなら、そのような行動にも意味はあると思います。

しかし、自分の考えもなしに雰囲気やまわりの意見に流されるような行動はゼッタイにしないようにしましょう。

ゼッタイに損をしますし、だいたい人の言うことほどあてにならないものはありません。

8、自分がいなくても仕事は進む

個人でなんかの事務所や顔でうってる芸能人でもない限り、人が一人欠員になったところで、仕事は廻ります。

自分が頑張らなくちゃなんて心をすり減らして頑張ったとしても、じっさいはいなくても大丈夫なものです。

自分がいなくちゃダメなんて思っているのは自信過剰だし、あまり根つめて仕事をしないことも重要です。

心に余裕をもって仕事にとりくむことが、心を病まない秘訣です。

9、いちいち細かいことを気にしない

仕事をしていれば「自営業・公務員・サラリーマン」だろうがなんだと、嫌なことなんて腐るほどあります。

仕事でつぶされない大事な秘訣は、「嫌だと思ったことは気にしないどころか忘れる」です。

上司からのイヤミったらしい説教や同僚からのねちねちした妬みなど、いろいろ嫌なことはあると思いますが、一切気にしないようにしましょう。

そんなことで気をもむことほどバカバカしいこともないし、「人にあたることでしか発散できないかわいそうな人」と憐れんで、割り切って接しましょう。

10、それでも限界だと思ったらすぐ助けをもとめる

仕事が忙しすぎたり、自分の手に負えなくてつぶれそうだと感じたら、すぐに助けを求めましょう。

もし、会社にいきたくな・辛いと感じたなら「周りの人がどう思うか」なんて考えないで、すぐに休みましょう。

うつ病は初期状態であれば頑張れば仕事はできます。

しかし、うつ病は風邪と一緒で適切な対処をしないとどんどん悪くなり、回復も遅くなってしまします。

ほんとうに自分が無理だと思ったら、がんばってなんとかするのではなく、誰かに相談することをおススメします。

 

11、まとめ

わたしは、IT企業で働いているのですが「うつ病」を患うひとがほんとうに多いです。

色々なひとを見てきて思ったことは、そういった人は「限界を超えてまで自分の力だけで頑張る」ということです。

しかし、限界を超えてまで頑張ったひとが病気(うつ)になると、まだまだ日本の会社は冷たいです。

一番大切なことは自分の人生です。ムリをして会社のために尽くしても、イザとなったら会社は何もしてくれないくらいに考えておいたほうが無難だと思います。

 

最後まで長々と読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 


-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

みんなでうつに気づいてあげよう!職場で見たうつの5つの雰囲気とは

ぼくはIT業界で働いているのですが世間でのブラックイメージににたがわずうつ病になって休業しちゃう人がほんとうに多いです。 客先常駐っていう実質派遣みたいな状態でいろいろと無茶を言われることも多いので、 …

パチンコ店のアルバイトはどんな仕事内容なの?雰囲気は?稼げるの?

高時給のアルバイトで探すと必ずヒットするパチンコ店のお仕事。 都内だと時給は1,200円~1,500円と1日6時間くらい、週3~4回程度の出勤でも10数万円が稼げます。 昔に比べると、重い球を運ぶこと …

30歳以上からの転職はそんなに甘くないことを肝に銘じておくべき!

IT企業でサラリーマンをしながらブロガーをしている「yuruyuru」がこの記事をかいています。 今回は30歳以上の転職が成功するためにひつようなマインドをITプロジェクトでの現場経験からおはなししま …

絶対にノートへメモをしたことを忘れない超簡単すぎる3つの秘訣!

メモの取り方を変えるだけで劇的に仕事ができるようになります。 僕は、「自分で書いたメモなのに、見ても意味がわからない!」などなど、メモってもあまり役にたっていなかった。 たしかに書いてはいるから備忘録 …

人前で話すときに緊張しないで上手にしゃべれるようになる5つの秘訣

おおぜいの人前でプレゼンをするどころか数人の会議でさえ発言ができないで、もはや置物同然となっていませんか。 今回はそんな数人の会議でさえしゃべることができなくて悩んでいて、そんな自分を変えたい!ってお …