nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

金融

投資初心者が仮想通貨などで失敗しない為に絶対に知っておくべきこと

投稿日:

今も昔もかわらずゼニに踊らされて損をするのは「儲かる」という情報だけを信じて投資をはじめる素人投資家。

バブル時の不動産投資やFX、そして今隆盛を極めている仮想コインと儲け話には枚挙にいとまがありません。

 

投資をしてると自分だけはかならず儲かるとおもってはじめるんですよね。

投信だろうがFXだろうが株だろうがはたまたビットコインなどの仮想通貨取引でもこのへんは変わりません。

今だと、ビットコインなんて100倍以上も値上がりし1億円以上もお金を儲けたという話がニュースでもされてるしはじめなきゃ損な気がしてきますよね。

 

 

今回の記事ではいろんな種類の投資がありこれからはじめてみようとおもっているひとに向けて、

投資をはじめるまえに覚えておくべき投資の格言などをご紹介しようとおもいます。

 

まず、シェイクスピアの一説をご紹介。

「この世もこの世の法も、君の味方じゃないのだ。この世は、君をお金持ちにする法を与えたりはしない

世の中の裏側を表現した真理じゃないでしょうか。


スポンサーリンク

1、証券会社や仲介業者は儲けさせる気なんてさらさらない

FXにしてもビットコインにしてもテレビコマーシャルではやく手をだせと煽ってきています。

有名芸能人やら儲かったひとの話やらで欲に踊らされた一般人のひとが気軽にはじめられるからっていわれるがままに投資に手をだす。

 

まず知っておくべきことはこういう証券会社や仮想通貨の仲介業者は手数料で儲けること以外に関心はないということ。

投資をするひとが儲かろうが儲かるまいがどうでもいいしただただたくさんの人が取引をしてくれればそれだけ会社は潤う。

 

経済アナリストやら有名人やらがやたらと煽ってくるけれどそういうひと達が儲けているのは投資じゃなくて紹介することで入ってくるギャラ。

銀行だろうが怪しい情報商材だろうが根本的にはおなじことで儲かる話を一般人にすることが絶対にない。

投資をはじめるならまずこのことを心に刻んで望まなくてはならないです。


スポンサーリンク

2、大衆は常に間違っているし騙される

大衆はというより、テレビや新聞、アナリストなんかが偉そうにいっていることはすべて信用できないってこと。

例えば、イギリスのEU離脱の時には、前日まで世論調査やら偉そうなアナリストはEU離脱はありえない、くらい言ってたけど結果はイギリスのEU脱退。

 

どんなに大手感をだしてテレビコマーシャルなんかで大々的に有名人を起用しているからって信用してはいけない。

元金保証だの1億円をためられるだのおいしい話にはかならず裏がある。

そんな詐欺に近い話に大衆だけでなく大企業も騙されている。

 

■アブラハム・プライベートバンク(あゆみトラストグループ)

2013年10月に無登録販売で業務停止処分を受けた金融業者。

助言するだけの会社のくせに保険の代理販売などで販売報酬を無許可でおこなっていた。

社名を「あゆみトラストグループ」と変えて再スタート虚偽体質はかわらず、トラスト(信頼)とは程遠い詐欺会社。

 

こんな会社でもテレビコマーシャルを打てば優良大手起業に見えるのだから儲け話にはトゲがあると思っておいたほうが安全。

 

■AIJ投資顧問

AIJ投資顧問は企業年金を中心に2000億円ほどの資金を運用していました。

「240%の運用利回りを確保している」などと説明していたくせに、実態はポンジ・スキーム(ようするに資金から配当を補てんする自転車操業:ねずみ講)

大企業や中小企業の年金運用をしている機関だからといってまったく信用できないことがわかります。

 

 

■バーナード・メイドフ(マドフ)事件

元NASDAQの会長であるバーナード・メイドフ(マドフ)による6兆円規模に上る人類史上最大の巨額投資詐欺。

「年利10%以上の高利」を謳ってさまざまな投資家からゼニを集めていたが、これまたポンジ・スキームによる単純な詐欺。

どんなに社会的信用がある人物が運営しているからといって高金利を謳っている投資商品は疑ってかからなくては騙される可能性があるのです。

 

 

大衆が間違っているというのはテレビのコマーシャルやら有名人の言葉を自分でかんがえることもなく思考停止状態で信じるから。

投資をするなら、「すべての選択は自分で行い、すべての結果に責任をもつ」気概をもってはじめなくてはならない。


スポンサーリンク

3、まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ

投資の世界で生き残るためには利益を上げるということだけが重要なのではありません。

甘い話に騙されないことや詐欺にひっかからないことに対しても十分に注意を払わなくてはなりません。

投資の世界で生き残れないのはたった一度の失敗で大金を失ってしまうことがあるからです。

 

お金を儲ける方法を他人に教えるひとはいません。

どんなに失敗しても自分で判断して行った投資なら株だろうがFXだろうが仮想通貨だろうが納得も得心もできます。

生き残るためにも、甘い話にはすべてトゲがあるということを肝に銘じておきましょう。

 

4、さいごに

仮想通貨はすごいことになっていますね。

ビットコインなどで億を突破した人のことを「億り人」なんていったりするらしいです。

数十万円から億のお金をつかむなんて羨ましい限りですね。

 

しかし、そんな成功した人や有名人のいうことは話半分に聞いておきましょう。

最期に投資をしてきてこれは真理だなと痛感した格言をご紹介。

人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったらシェアしてくれると嬉しくおもいます。


-金融

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

負けない秘訣はFX失敗談から勉強すること

FX(外国為替証拠金取引)で儲けるならば、これだけは心に刻んでほしいことを書きます。(まあ、私自身の失敗談ではあるのですが…) もっとも心に刻んでおいて欲しいことは、「1回の取引で全ての資金を失うこと …

フォーブス長者番付(2016年)世界の人と日本の人を比較 ベスト10

長者番付を調べてみたら、お金持ちはサラリーマンとは比較にならないほど、稼いでるんだとわかりました。 それにしても、そんなにお金があったらなんでもできちゃうんだろなと、正直うらやましく思っちゃいます。 …

ネットワークビジネス勧誘された時に絶対見て欲しいマルチの現実4点

マルチ商法はこの世の中からなくなってしまえと思う「yuruyuru」がこちらの記事を書いています。  ja.wikipedia.org  70 shares 3&nbsp …

テレビのCMですすめてるFXなんて儲からないから辞めたほうがいい理由

よくTVCMでFX(外国為替証拠金取引)なんて許されてるようなーっておもってます。 手痛いダメージを負って、あんなもん二度とやるものかとやめたけど、FXをやったほうがいいよってCMがたくさんながれてる …

仮想通貨が隆盛な今こそ投資詐欺に引っかからない4つの秘訣をご紹介

空前絶後、天変地異、千載一遇 さてそんな表現があてはまるごとくまさに爆騰といっていい盛りあがりを見せていたビットコインなどの仮想通貨。 コインチェックの流出騒動により水を差された形になりましたが、乱高 …