nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

生活

禁酒はできないけどお酒を減らしたい人は必見。減らす4つの秘訣とは

投稿日:

「お酒が原因で失敗!」というのは、有名人から一般人まで、大なり小なり色んな失敗談を聞きます。

そういう私自身もお酒が原因でモノを失くしてしまったり、つい熱くなって人ともめてしまったりと、お酒で後悔することを何度も起こしては繰りかえしています。

失敗を起こしてしまった時に「せめて休刊日を作ろう…」と、その瞬間だけは反省をするけれど、のど元過ぎればなんとやらで、しばらくすればいつも通り飲んでいる。

そんな失敗を起こしているけど、お酒が好きだから辞める気もないので、せめて飲酒量を減らそうと苦肉の策で編み出したのが「晩酌をしない」という方法。

 

毎日、何も考えないで晩酌をしていると気づきませんが、プチ断酒をすることでお酒にどれだけ依存しているのか自覚できます。

まずは、そういう自覚を持つことから始めないと、お酒がどれだけ生活に影響を及ぼしているのか気づかないんですよね。

もし、重度なアルコール依存症(問題が発生している時点でアルコール依存ですが…)になってしまえば、選択肢は禁酒以外にありません。

 

少しでもお酒を長く楽しめるようにと、無理やりでも酒量を減らそうという人間が心がけている4つのことをお伝えします。

禁酒は自信が無いけど、お酒をちょっと減らしたいなと思っている人には必見です!


スポンサーリンク

1、お酒を飲まないことに慣れるまでは気合

精神論も精神論、ハッキリいって飲まない生活になれるまでの数週間は飲まないように気合・覚悟を持つことがひつようです。

毎日晩酌をするのが当たり前になっていると、食事とお酒がセットになっているはずだから、食事の時に飲みたくなって仕方ない。

とくにお酒を飲まないようにしようと決断した初日が一番飲みたくなります。

それでも我慢をしていれば2~3日もするとラクになってくるので、とにかく初日をクリアできるかが鍵です。

 

なお、禁酒ではなくて節酒なので、1番キツイ初日が何回もくることを覚悟しなくちゃいけないし、毎日飲まないことをあたりまえにしなくちゃいけません。

個人的には「晩酌」をしなくても大丈夫になってくるには、3ヵ月くらいかかりました。もちろん、その間は気合で乗り切ります。

 

2、夕食は仕事から帰ったら速攻で食べる

仕事でクタクタで空腹で帰宅してきた時ほど飲みたくなる瞬間はありません。

もちろん、人によってはその瞬間はお風呂から出てきてからかもしれませんが、いずれにしても空腹ではないでしょうか?

肝は、一番飲みたくなる空腹な状態をすぐに失くしてしまい飲まないようにすることです。

 

なんだそんなことかと思うかもしれませんが「つまみと一緒にまずは一杯」なんて考えないで食べてしまえば、意外に飲みたい気持ちもおさまります。

満腹感が満たされればお酒を飲みたい欲求は無くなるので、まずご飯を食べるということをやってみてください。


スポンサーリンク

3、酒類は一切買い置きをしない

 
どれだけ意志を強くもっても、ストレスがたまりに溜まった時に飲まないようにするのはむずかしいです。

せっかく「晩酌はしない」と決めているのに一回の感情で流されて飲んでしまうと、なし崩し的に何日も連続で飲み続けてしまいます。

それもこれも、お酒が手元にあることが原因で、衝動的に簡単に飲めない状況を作りだすことが大事になってきます。

 

こういう発作的なことが起きないようにするには、飲酒までのハードルを高くすることである程度回避できます。

なんだかお酒を飲むことが面倒な気持ちになってくるし、ちょっと時間が空くことで冷静になれたりもするので、買い置きはしないルールを徹底してみてください。

 

4、家族に飲まない宣言をする

自分だけの決め事だと簡単にやぶってしまうので「平日は家で飲まない」など、お酒を減らす宣言をするのが効果的です。

コツは「宣言したことは何があっても守る」という覚悟をもって宣言をして退路を断ってしまうことです。

もしかしたら、すでにお酒で問題を起こしすぎて家族からお酒をほんとうに嫌がられているかもしれませんね。

そんな目から逃れたくてお酒を飲み続け、すっかり信用が無いかもしれませんが、宣言をして節酒を長期間継続することで、家族の見る目も必ず変わってきます。

 

人に宣言をすることで裏切る訳にはいかないと気持ちを強くもてますし、なにより一人の力でお酒を減らすのはムリです。

それくらいお酒を減らすのはむずかしいし、覚悟をもって取り組まなくちゃならない問題だと自覚をすることが大事です。

 

5、さいごに

毎日晩酌をして、お酒の力をつかってストレスを発散している時点でアルコール依存症です。

プチ断酒をすることで、どれだけお酒に頼り切って生活をしていたのかが、毎日飲む人であればわかるとおもいます。

まずは、「お酒に依存をしている」と自覚をすることが、お酒中心の生活から脱却する第一歩です。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

おやくに立ったらシェアしてくれると嬉しくおもいます。


スポンサーリンク


-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

めまいが起きるほどスマホを見過ぎいないか依存度チェック

わたしはブログを書くときにスマホをつかっているのですが、ほかにもゲームやググったりする時にもよくスマホをいじっています。 ふとおもうと、スマホをいじっていない時間が一日のなかでほとんどないと気づきどん …

東京大地震が起こってしまう前に是が非でも伝えたい6つの大事なこと

このブログをかいているのは東京でちょっと地震がきたら危なそうな地域に住んでいる「yuruyuru」です。 2017年8月の今、なんだか地震がたくさんきてる気がするんですがまさかあとから見たら大地震の予 …

生活を劇的に良くしたいならプチ断捨離をするのが断然おススメです!

断捨離(だんしゃり)とは、 「不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想」なんだそうですね。   ぼくがこの断捨離なることをやってみようとおもったきっかけは仕事もプライベートも忙しく …

どうしようもなくだらだら見てしまうスマホを絶対にやめる6つの方法

いつも土日とか長いやすみですぐダラダラして自己嫌悪。 そのダラダラをひきおこす最大最悪のもとはスマホ。 スマホでネットサーフィンをしてると、 いつのまにかyoutubeで古いマンガを何時間もみていたり …

辞めたくても辞められないゲーム依存を脱出するため必要な5つのこと

ゲームって楽しいのだけど際限なくやりつづけてしまってある時しごと以外の時間はほとんどゲームをしていることに気づいた。 これは危機感をおぼえて一大決心をしてゲームを辞めたときのおはなしです。 &nbsp …