nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

仕事 転職

IT業界で10年たって見てきたSEに向いてない人の7つの特徴

投稿日:2017年2月22日 更新日:

ブログを書いているのはIT業界で10年以上働いてくたくたの「yuruyuru」がおとどけいたします。

さて、IT業界で10年間で働いてきて、これはSEには向いていないなぁと思った人がもっている特徴を7つをざっとあげてみます。

もうブラックとしていまや超有名ですがIT業界はSIer(エスアイヤー)として客先常駐として働くことがほとんど。

色々なプロジェクトを転々とすることがおおく仕事ができないとなったら人情なんてどこ吹く風と仕事をスグに切られてしまいます。

IT土方なんだとブラックな感じに言われることが多い業界ですが、これからIT業界に転職を考えている人がそうならないように注意喚起します。

自分でも意識しないとやばいんじゃないかってこともあります。

これはIT業界で働くうえではかならず意識しなくてはダメなことです

これができれば一人前じゃなくて、SEとして働くならできて当然、当たり前ってことです。



★これができなきゃ終わってる7つ★

1、勉強嫌いだと35歳でさようなら

ずっとインフラ(サーバ構築とかネットワーク構築とか…)まわりばかりやっているのですけど業務まわり(アプリ開発)でもおなじでIT業界にいて勉強嫌いは致命的です。

よく35歳限界説とささやかれることもおおいですが、深夜とかざらなので体力的にきつくなるのもありますのでそういう体力面できついのもあります。

それよりも勉強嫌いで終わるっていうのは年齢があがると単価が高くなり求められる知識も一気にあがり仕事の難易度は35歳ラインで超上がります。

IT業界にはいってまったく勉強していないと仕事もワーカー的なオペレータとかしかできないなんて人は確実に35歳ころに終わります。

だからこそ、勉強嫌いはIT業界では厳しいというか仕事が無くなってお先真っ暗です。

 

2、期限を守れない人は信用されない

プログラマをするにしても、設計するにしてもIT業界ではなんでも期限があります。

終わらないにしてもなにかしらのアウトプット(答え)をだせない人はIT業界には向かないというかやって行けない。

とんでもない期限でやらさせられたりすることも頻繁にあるけれど、むりやりでも答えを導きだして期限内におわらせる人が求められます。

期限という意識がなく仕事をダラダラやっていれば給料をもらえると思っているあなた。

「終わらせる」という気持ちがもてない人はIT業界でははたらけません。

 

3、チェックができない、というか雑

小さなことだとしてもミスがないように丁寧にチェックをするクセがない人はIT業界には向きません。

こんな感じでみたいな曖昧な指示をする人とかちょっとくらい適当でもいいやなんて大雑把なひとはマジで苦労します。

IT業界では他の業界に比べてもとくに仕事が雑なひとはまったく信用されません。

それはバグとか怖いしミスったときの影響がメチャクチャ大きいし、そういう雑なひとがいるとただでさえ忙しいのにさらに仕事が増える。

ミスを重ねるひとに共通することは責任感がないこと、言い訳ばっかりしているひとが多いように感じるのはぼくの個人的な感覚なのだろうか。


スポンサーリンク

4、コミュニケーションがとれない人

もくもくとパソコンに向かって仕事をすればいいわけじゃないしITでそんな仕事ありません。

SEはむしろ人との折衝能力がメチャクチャ大事でコミュニケーションがうまくとれない人がお客さんとのやり取りをしていたら最悪です。

お客さんがなにを求めているのかをひきだすには気持ちをくみ取れなければ話になりませんしそういうスキルは重宝がられます。

これはIT業界に限った話ではないですが、パソコンにもくもくと向かい合ってればいいやと思っているのであればそれはおおきな間違いです。

5、報告ができない人は信用ゼロ

コミュニケーションにも関係するんですが、沢山のひとが働いている現場だと誰がなにやっているのか忙しすぎてわからなくなることがあります。

そんな忙しいなかある人に振った仕事がぜんぜん報告がないままに数日くらいたち、「どんな状況ですか?」と聞くとわからなくなって進んでいませんというからビックリ。

ほんと、笑い話のようなことですがクリティカルな作業であったので最悪でした。

作業はほかの人が代わりにフォローしてなんとか終わったけどわからないんだったらなんですぐに報告しないのかと。

ひとりで悩んでてもなにも解決しないだからわからないときや困った時はすぐ報告するか周りに聞かなきゃダメでしょ。

SEに向いていないって感じる人たちで「報告はしないし求めてないことをひたすら頑張っている」ていうことに一番こまったのはいい思い出です。

 

6、一言目には「できません」「わかりません」

IT業界って技術の進歩が早いからわからないことばっかりなの当然だったりします。

それなのに自分で調べてみたりチャレンジしてみたりしないで見た瞬間に「わかりません」はじめからさじを投げるひと。

わかりませんと言うまえに、自分でやってみて「何がわからなくて、どう解決すればできるのか」と解決策を考えられないひとはSEに向いていません。

だれもが多かれ少なかれ無茶ぶりされることが多い業界なので、すぐに「わかりません」と逃げる人はいりませんしイラっとします。

 

7、パソコンが使えないひと

IT土方っていうくらいなので誰でも入れちゃう業界ですがITとか以前にビックリするくらいパソコンが使えないひとを数人みたことがあります。

ITというか事務員でもあたりまえに知ってると思う、エクセル「vlookup」なに?ていうか関数ってなにレベルだからビックリ。

そんなパソコン初心者といっしょにサーバ構築していたのですがとうぜん何もできない。

ディレクトリの移動もできなかったら、いったいこの人はサーバのなにを作るんだと思ってるうちに消えていきました。

IT業界の営業って口先だけで誰でもいれようとするから入ってから大変になることがとても多いです。

そんあ営業に入れられたとしてもじゃま扱いされないように最低限の知識くらいは自分で勉強してからIT業界にはいってください。

 

★あとがき★

グチの羅列みたいになっちゃいましたがこういう人多いですし、こういうはたらき方をしていたら未来がないこと間違いなしです。

IT業界というより社会人として働くならゼッタイに気をつけるべき7つのことでもあてはまるでしょう。

 

最後まで長々と読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。





-仕事, 転職

執筆者:


  1. とおりすがり より:

    同じくsier。
    言ってることはわかるが、
    疑問に思うのは2と3で、納期は守るのは当たり前、しかし細かく骨が折れる地味なデバッグ作業も必須。この辺を皆どの様にバランスを取っているのかは知りたいと思うのだが、

    同感は出来るが、愚痴記事に近いのでシェアはしないね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフターファイブを楽しもう!残業を減らす6つの具体的方法を伝授!

最近は残業自体がいけない事というような感じで、「ブラック企業 = 長時間労働」なんてくくりで報道されていますが、みなさまの会社はどんな感じでしょうか? 「yuruyuru」が働くIT業界はきびしくなっ …

人生はつまらないと思ってたら見つめ直すべき5つ

僕は、35歳の中年?青年?のサラリーマンなんですが、 毎日、満員電車にゆられて仕事にむかっていて、ふと思ったことがあります。 それは、非常に誤解があることかもしれませんが、朝の通勤電車のまわりにいる人 …

声や音まで何もかも不快に感じさせる究極にうっとおしい職場の人々

人を人とも思わない、ひたすらに偉そうな人から、相手によって態度を変えるカメレオンような人まで、職場ではいろんなタイプを見かけました。 いろんなタイプのサラリーマンを十数年見てきて、まわりを不快にさせる …

保守のSEはつまらないからIT業界に入らない方が確実にいい7つの理由

システムエンジニアとしてさまざまなプロジェクトへ派遣され働いてきましたが、どんな現場にいっても共通して「こういうところがイヤだな」と思ったことを書きます。 もちろん、どんな業界であっても仕事である以上 …

ブラック企業レベルを4段階であらわしたけどブラックはスグ辞めよう

一昔前まではあたりまえのように行われていた「残業代の未払い」「長時間労働」… など。 このごろは残業万歳なはたらき方についてようやく見直そうという流れになってきました。 このような異常なはたらき方を強 …