nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

話題

東京五輪のエンブレム問題で名言「佐野る」以外の厳選「~る」を検証

投稿日:2017年2月11日 更新日:

こんにちは、こんばんは、気になったことを漠然と雑記記事をかいている管理人の「yuruyuru」です。

さて、今回たまたま東京オリンピックのエンブレム問題が気になっていろいろみた。

そこでちょっとおもったのが、なにやら「~る」という言葉がやたら増えてきたなということです。

このエンブレム問題ですがこの問題以外にも「東京オリンピック/パラリンピック」はずーっとごたごたしていますね。

 

こちらはPRESIDENT Onlineさまの資料をおかりして調べたたところ、予算が3兆円にまで膨らんでしまっているようです。

コンパクトな五輪のコンセプトはどこにいったのか…(元々1兆円もかからないはずだったのにどうなってるの)

いまだに東京五輪は「エンブレムの盗用問題・国立競技場の予算問題・会場の問題」が山積み…

もはや開催する意味ってなんなのか混沌としていますけど、とりあえず準備にむけて進んでいるようです。

 

前置きが長くなりましたが、「エンブレム盗用問題を引き起こした佐野研二郎で「佐野る(パクルの造語」がネット界隈で流行ってました。

同じようにして「~る」でバカにしたネットスラングがたくさんある、というか~るをくっつけただけだけど。

不謹慎な気もしますしくだらないけどおもしろいなーとおもったので~るをまとめてみました。


スポンサーリンク

1、やっぱり一番しっくりきたのは「佐野る」

「エンブレムの盗用したひと = その人の名前」に”る”をつけてぱくり全般の意味するとかおもしろいですね。

ブログをかいていると面白い表現とか文章ができるのはうらやしいし、よくもこんなことかんがえるもんだなと関心しました。

斬新なタイトル、キャッチコピーを生み出すための切り口・ヒントになるかもしれません。

それにしても、エンブレム問題は解決(?)したようですが、東京オリンピックはどうなってしまうのでしょうかね。

そもそもエンブレムなんて興味も薄れてきてるし、お金にもめすぎだし、オリンピックもたいへんだね。

 

2、耳が聞こえてた佐村河内守の造語(河内る、ごうちる)

これもネットスラングだけど「河内る(耳が聞こえないふりをする)」ってよく考えたな。

記者会見は面白すぎてそこらのお笑い番組よりよっぽどギャクセンスが満載のコントだったし。

河内る精神力(ずぶとさ)は勉強になりますよ、心臓に毛でも生えてなきゃあんな演技力発揮できないでしょ。

けっきょく、耳が聞こえるのか聞こえないのかよくわかんないおっさんだけどセンスは抜群だったね。

 

3、STAP細胞はあります!」と絶叫した人の造語(小保方る)

なんでも~るにしちぇえばいいって風潮だけど。

理化学研究所で勤務をしていたエリート研究員で「STAP細胞はあります!」「200回以上の作製にも成功しました」など絶叫してたひと。

マスコミにたくさんとり上げられていたけどうそばっかりの妄想女のレッテルをはられ全否定され理研を去りました。

まぁ、STAPだのESだのがどういう細胞なのかしりませんが、「小保方る」の意味はコピペとしてネットスラングになっちゃいましたね。

小保方さん、書籍も出版されている(題名は忘れた)のでそれをよむと理研内部の関係性が分かるようです。

まったく興味がないので読んでませんが、エリート科学者たちも苦労しているんですね。


スポンサーリンク

4、よく使われる ~るになる言葉

今度は、一般的につかわれてる「~る」という言葉。(一部抜粋)

  • テンパる (頭が混乱している状態)
  • キョドる(起動不信/キョロ充も入る)
  • ググる(Google検索)
  • オケる(カラオケする)
  • キレる(激怒する)
  • ヒヨる(いざとなるとビビる)
  • パニクる(混乱してパニックになる)
  • バグる(ゲームとかでバグったときに使う)
  • 神る/神ってる(神がかってスゲー)

など、まだまだたくさん「~る」はあるみたいですが、「なになにする」を「なになにる」にすることで、今風な言葉に変化するのかな。

 

5、「神ってる」は2016年の流行語大賞

 

2016年のユーキャン新語・流行語大賞全受賞記録で「神ってる」が年間大賞を受賞しています。

 

 

これは野球で2016年の広島カープのすざまじい活躍を監督の「緒方孝市さん」が発言したことで一気に知名度をあげ、受賞に至りました。

AKBの人気がでてきたころからから「神ってる」ってメジャーな言葉になりつつありました。

そういえば私が初めてこういった言葉をつかったのは小学生のころ格闘ゲームで「ピヨる」がはじめてだった気がします。

まぁ、大人になってくるとあんまりつかう機会はないですがこんな言葉があるんだなくらいに覚えておいてもらえれば。

暇つぶしにみてくれてありがとうございました。

 

最後まで長々と読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。



スポンサーリンク


-話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北朝鮮の核実験からみるミサイルの絶望的威力とその壊滅的な被害範囲

2017年の9月3日(日)に北朝鮮が6回目の核実験をおこないました。 たびかさなるミサイル実験でとても緊迫しているなかで、 核実験を強行したことになります。   緊張状態はもはや極限状態。 …

ネタバレサイトで著作権を侵害するクソくらえなやつらが逮捕された!

少年ジャンプのネタバレサイトをつくっていたくそみたいなグループがほんとにめでたく逮捕された。 今回がネタバレサイトではじめての逮捕者らしいがおそすぎるくらい。    ライブドアニュ …

暴言で話題・炎上の上西小百合衆院議員にみる目立つことの重要性とは

「仕事は楽しいかね?」といういわゆる、自己啓発本にビジネスや人生を成功させ充実した毎日を送りたければ、人と違うこと・気づかないことをしなくちゃダメだと書いていた。 「多くのひとが右に行くときに左に行く …

最近テレビがつまらないと思う理由を3つ!

つまらなすぎてテレビをまったく見なくなって数年たつんですが、いまのテレビってほんとにつまらなすぎる。 いや、もちろん楽しんでいるひともいると思いますが、それにしてもとくにクイズ番組とかいっつも同じよう …

ちょっと世間とズレたことをいうと炎上する日本が窮屈すぎて仕方ない

なんだか不寛容で窮屈な世の中になっもんだとここ最近すごくかんじているのですが、 それにしても日本ってつまらなくって特徴のない国になったと思いません? ちょっとでも世間がかんがえていることとズレている人 …