nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

話題

ちょっと世間とズレたことをいうと炎上する日本が窮屈すぎて仕方ない

投稿日:

なんだか不寛容で窮屈な世の中になっもんだとここ最近すごくかんじているのですが、

それにしても日本ってつまらなくって特徴のない国になったと思いません?

ちょっとでも世間がかんがえていることとズレている人に対してはいじょうに叩くし。

 

2016~17年のニュースでは芸能人の不倫がたたかれまくって炎上、そして干されるというループを繰りかえしてました。

不倫をした芸能人もたたかれることをいじょうに警戒してだれもかれもがただただ同じように平謝りをするだけ。

そりゃ、すぐに叩かれるし、テレビに出られなくなるし、みんなおなじ回避行動しますよね。

 

昔のひとのほうがよっぽど個性的で強烈なキャラクターのひとがたくさんいました。

いまの日本人はみんながおなじような意見ばっかりいう、よく飼いならされたひとばっかりになりましたね。

 

うつくしい国日本は管理側からするとずいぶん扱いやすい国になったんじゃないんですか。

反論するようなうるさいひとには世間がかってに批判してボロボロにくれるから政治の世界じゃ議論にすらならないですもんね。

 

それにしてもなんでこんなにつまらない国になっちゃったんでしょう。


スポンサーリンク

■若者にパワーがないから大人は好き放題

草食系男子なんて言われ、「告白できない」「デートに誘わない」とか散々ないわれようですけどまったく理解できません。

彼女が欲しけりゃ男が口説いて、誘って、告白するのがあたりまえの行動じゃない?

自分から話しかけられないひとが増えているっていうけど、振られて、ダメージ負って、どんどん強くなるんじゃないの。

 

さとり世代なんて言われかたもしているけど、どれだけ扱いやすい若者ばっかりなんだろう。

「欲がない」とか「恋愛したくない」とか「目立ちたくない」とか、なんか面倒くさがりのおっさんとかわらないじゃん。

 

下からの突きあげがなかったら老害なおとなたちは好き勝手にしていいように若者をつかうよね。

だってどんなに理不尽なことがあってもなにも言わないんだから。

 

■やたらとクレームにビビりまくってる

モンスターペアレントなんて輩がうまれくるくらいなんでも言うことを聞いちゃう日本人。

 

 

たとえば、

  • 子供と親の分、保育所で朝食を用意しろ
  • 写真撮るとき背の低い子供の並べ方に配慮しろ
  • 母親が精神不安定なのは「保育所側のせい」

とか、意味がわからない言いがかりなのにどんな些細なクレームも言われるほうがわるいっていう風潮。

 

会社にいけばコンプラを守れとひつよういじょうに社員をがんじがらめにするクセに残業とか法律は守らないと。

それでも今は社会全体がさとり社会なのか、誰も何も声をあげない。

 

モンスターペアレントに言いがかりをつけられ、会社である保育所からはことを大きくするなとはねつけられる。

どれだけ窮屈な世の中になっちゃっるの。


スポンサーリンク

■少数派の意見をみとめない社会

さいきんとくにおもうことが少数派の意見はいっさい認めないという空気につつまれてるなということ。

北朝鮮のミサイル問題なんて顕著なもんで、「北朝鮮に制裁反対」なんて言おうものならわけも聞かずにシャットアウトする。

多数派の意見がすべてであってそれに反対するひと達はちょっと頭のおかしいひと扱いされ徹底的に叩かれます。

ちょっとまえに学生運動をしていた「SEALDs」がいい例ですね。

 

どちらがあっている、まちがっているということではなくて、少数派の意見は無いものとする空気が窮屈なんだよね。

議論されることなく空気がすべてをきめてしまう日本はどこへ向かおうとしてるのでしょう。

 

■自分の頭でかんがえられる人が減っている

会社ではたらいていると、上司が部下にたいしてよくいうことでまったく理解ができないこと言葉があります。

それは、仕事にたいして文句などをいう部下に「仕事だから」と思考停止状態な言葉をなげかけて話を終わらせること。

「仕事だから」なんなんでしょう?まったく意味がわかりませんよね。

 

自分の頭でかんがえて話し合いをして導いていけるおとながほんとうに少なくなりました。

こういう会社の命令などには忠実だけど自分ではなにもできないひとばっかりになると話を聞いてもらえることもなく窮屈な思いをします。

自分の考えがないというおとながほんとうに増えましたし、そんな大人ばかりじゃつまらない世の中になるのもあたりまえ。

 

■さいごに

いまの日本ってやたらとルールに厳しくて、もしルールに反対しようものなら全力で排除されます。

会社でもルールに盲目的に従うことを強いられてルールがおかしいかどうかはかんがえるなって空気があります。

個人のかんがえは受けいれないっていう空気が社会全体に満ちてて異質なものを受けいれない心のせまいひとばかりなのがいまの日本です。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 


-話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外国人バイトが増えすぎて日本人がいない職場が急増!さすが少子化!

最近ふと感じたことなのですが、やたらと「コンビニ」「飲食店」などでアルバイトをしている人に外国人の方が増えたなあというイメージがあります。 一昔前であればこれらアルバイトは、「フリーター」「大学生」の …

副業が解禁になったこのタイミングでビジネスを始めたほうが良い理由

厚生労働省がさだめる「モデル就業規則」から副業禁止規定をみなおすというニュースがあるけれど、少子高齢化にともなう労働人口の減少へのひとつの対策らしいけれど、このタイミングでの副業解禁というのは歓迎すべ …

東京五輪のエンブレム問題で名言「佐野る」以外の厳選「~る」を検証

こんにちは、こんばんは、気になったことを漠然と雑記記事をかいている管理人の「yuruyuru」です。 さて、今回たまたま東京オリンピックのエンブレム問題が気になっていろいろみた。 そこでちょっとおもっ …

北朝鮮の核実験からみるミサイルの絶望的威力とその壊滅的な被害範囲

2017年の9月3日(日)に北朝鮮が6回目の核実験をおこないました。 たびかさなるミサイル実験でとても緊迫しているなかで、 核実験を強行したことになります。   緊張状態はもはや極限状態。 …

暴言で話題・炎上の上西小百合衆院議員にみる目立つことの重要性とは

「仕事は楽しいかね?」といういわゆる、自己啓発本にビジネスや人生を成功させ充実した毎日を送りたければ、人と違うこと・気づかないことをしなくちゃダメだと書いていた。 「多くのひとが右に行くときに左に行く …