nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

話題

北朝鮮の核実験からみるミサイルの絶望的威力とその壊滅的な被害範囲

投稿日:

2017年の9月3日(日)に北朝鮮が6回目の核実験をおこないました。

たびかさなるミサイル実験でとても緊迫しているなかで、

核実験を強行したことになります。

 

緊張状態はもはや極限状態。

トランプ政権もなにもできないままいよいよ最悪なことになってしましました。

 

 

今回実験のではおよそ50~70キロトンといわれており、

広島型の原爆とくらべ3~4倍くらいの威力のようです。

 

この核実験のまえには日本の上空をミサイルが通過し、

Jアラートが鳴りひびくという非日常的でおそろしいことになっています。

北朝鮮のミサイルなんてハリボテでしょなんてとてもいっていられません。

 

今回の実験で北朝鮮が核ミサイルを手にいれたとかんがえて、

どれくらいの時間で、どれくらいの被害で、

Jアラートが鳴ったときどうすればいいかなどしらべてみました。

 

日本本土に着弾することは想像したくありませんが、

これだけ危機がせまっているなか、ミサイルの脅威についてしっておくべきでしょう。


スポンサーリンク

1、時間、威力、避難場所は?

1、北朝鮮から日本までの着弾時間

 

発射された角度や距離などによりかわりますが、

過去のミサイル実験からかんがえるとおよそ10分前後でとうたつします。

予想はもっと短いものもありますがいろんな意見を平均するとおよそ10分前後です。

 

前回にJアラートがなったときには北朝鮮から発射されてから、

およそ5分後くらいにテレビやサイレンで国民にむけて発信されました。

 

ほんきで日本本土をねらってくるか、

太平洋上に落としてくるかで時間もかわってきます。

 

それら不確定要素をかんがえてみてもJアラートで発射をしってから、

5分以内には日本に着弾するとおもっておくべきでしょう。

 

2、70キロトンの威力

 

広島型の原爆では、

 

  • 昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡の推計
  • 衝撃波は爆発の約10秒後には約3.7キロメートル先まで達した
  • その圧力は爆心地で1平方メートルあたり35トン最大風速は秒速440メートルに達した

 

という被害報告が広島市のサイトで紹介されています。

 

 

今回、北朝鮮が核実験をおこなったものはこの3~4倍の威力とみられています。

単純に距離を4倍にして東京駅に着弾したことを想定すると、

ほぼ東京23区はすべて壊滅的なダメージをうけることになります。

 

23区が壊滅的どころか日本自体が崩壊するほどの威力です。

 

 

3、Jアラートがなったらどうすればいいの

 

Jアラートがなったときには、

ただちに避難情報のよびかけをして避難をしろと政府から発表されています。

 

 

しかし5分というきわめて短い期間で、

パニックにおちいっているなかでこれらの行動ができるでしょうか。

わたしは自信がまったくありませんし、ほぼ不可能ではないでしょうか。

 

避難までの許された時間と着弾による被害のおおきさは、

東日本大震災の大津波よりも早くきて、

被害がおおきい可能性もじゅうぶんにあるのです。

 

地下鉄や頑丈なたてものがなければできることをするしかありません。

防災の基本動作3点はかならずおぼえておきましょう。

 

  • 「Drop(まず低く、しゃがむ)」
  • 「Cover(頭を守る、かくれる)」
  • 「Hold On(動かない、待つ)」

 

 

こちらではJアラートの音を紹介しておきます。

とても不気味な音ですので視聴には注意してください。

トラウマになる可能性もあります。

 



スポンサーリンク

4、日本のミサイル迎撃能力

 

日本のミサイル防衛は、

海上にいるイージス艦から「SM-3」を発射しむかえうち、

陸上では「PAC-3」という迎撃ミサイルでむかえうつという2本立て。

 

命中精度は80%くらいらしい。

しかし、飽和状態で一度にたくさんうたれれば対応はむずかしく、

配備も重要な拠点に集中していることから過度の期待はできない。

 

 

これいじょう危機がおおきなるならば、

ミサイル防衛システムの数・レベルをあげなくてはならないでしょう。

 

2、今後どうなってしまうのか

北朝鮮のミサイル情報などをまとめていて感じましたが、

想像以上におそろしい危機がせまっているのだととても怖くなりました。

 

おもしろおかしく騒がれることもある金正恩委員長ですが、

もはやまともに外交をする気はないのでしょう。

彼にとってはこの方法が最善の外交政策だとかんがえているのでしょうが。

 

だれしも戦争になることはさけたいでしょうが、

これからはしんけんに軍事的な選択肢もかんがえるひつようがあるのでしょう。

追いつめられた国はなにをするのか想像ができません。

 

日本がアメリカ真珠湾に奇襲攻撃をしたときとおなじような空気や、

先制攻撃をおしすすめるような声が北朝鮮内にうずまいていれば、

だれもミサイル攻撃がぜったいにありえないとはいえないでしょう。

 

最後までよんでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


-話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

暴言で話題・炎上の上西小百合衆院議員にみる目立つことの重要性とは

「仕事は楽しいかね?」といういわゆる、自己啓発本にビジネスや人生を成功させ充実した毎日を送りたければ、人と違うこと・気づかないことをしなくちゃダメだと書いていた。 「多くのひとが右に行くときに左に行く …

ネタバレサイトで著作権を侵害するクソくらえなやつらが逮捕された!

少年ジャンプのネタバレサイトをつくっていたくそみたいなグループがほんとにめでたく逮捕された。 今回がネタバレサイトではじめての逮捕者らしいがおそすぎるくらい。    ライブドアニュ …

ちょっと世間とズレたことをいうと炎上する日本が窮屈すぎて仕方ない

なんだか不寛容で窮屈な世の中になっもんだとここ最近すごくかんじているのですが、 それにしても日本ってつまらなくって特徴のない国になったと思いません? ちょっとでも世間がかんがえていることとズレている人 …

外国人バイトが増えすぎて日本人がいない職場が急増!さすが少子化!

最近ふと感じたことなのですが、やたらと「コンビニ」「飲食店」などでアルバイトをしている人に外国人の方が増えたなあというイメージがあります。 一昔前であればこれらアルバイトは、「フリーター」「大学生」の …

副業が解禁になったこのタイミングでビジネスを始めたほうが良い理由

厚生労働省がさだめる「モデル就業規則」から副業禁止規定をみなおすというニュースがあるけれど、少子高齢化にともなう労働人口の減少へのひとつの対策らしいけれど、このタイミングでの副業解禁というのは歓迎すべ …