nowlog

ゆる~くネット情報から日常のことまでいろいろと綴る雑記ブログ

作業効率化

集中力アップをして作業を劇的にすすめる5つの秘訣

投稿日:2016年12月12日 更新日:

こんにちは。

今回は作業をするときに重要な集中力についての記事です。

学生時代は勉強が苦手でしたが社会人になって資格をとる必要にせまられたときに集中力がいかに大事かを思い知りました。

わたしは毎日仕事があるサラリーマンですのでダラダラと時間をつかうことはできません。

しかし、仕事・勉強にしても一生懸命にやっているつもりでも集中力を意識していなかったので長時間をかけているのに思ったような成果があがらないことが多くありました。

そこで、短い時間で最大の効果がでるように集中力を意識するようになったのですが、結果として作業がおどろくほどに劇的すすむようになりました。

集中力が大事なのはだれでもわかっていることだと思いますが、トレーニングと毎日の継続で集中力アップをすることができます。

それでは、仕事・勉強で思いとおりの成果をだすために集中力アップの方法を紹介します。


スポンサーリンク

1、集中力アップのためには1つのことだけをする

極端な言い方ですが、たとえば勉強をするときに英語の参考書をよみながら数学の問題集をとくようなやり方はゼッタイにやめましょう。

作業を並行しておこなうと集中力が分散されておもったような成果がでないことは確実です。

もっとも成果を上げる方法は「英語の単語を覚える」「数学の問題を1問解く」といった作業ひとつひとつに意識を集中する。

仕事においても資料を作ると決めたら、それ以外のことは意識のそとに追いやらなくてはなりません。

よくあるのが調べものをしているときで、ひとつのことに意識をしておかないと色々なことが気になってまったく関係のないものを調べだしたり意識が脱線してしまうことになります。

どんなに気になっても最初に決めた1つのこと以外はやらないことを強く意識しましょう。

1つのことに集中することであなたの集中力はおおきく研ぎ澄まされ、勉強・仕事で劇的な成果を得ることだできるでしょう。

テレビやスマホも集中力を削ぐ原因になるので勉強や仕事をするときには見たりつかったらダメです。

1つのことに集中して作業をするだけで集中力は鍛えられますのでトレーニングとして意識してください。

 

2、やるべきことはすべて時間を決める

やるべきことに対して時間というものを意識することを徹底してクセ付けましょう。

たとえば、勉強をする時間を「1時間」と最初にきめ、その限られた時間のなかで最大限に成果をあげられるように集中してとりくみましょう。

ちなみに人が集中していられる限界が50分程度だといわれていますので、ダラダラと長時間をかけても集中力はなくなりよい結果をえることはできないでしょう。

集中力をアップさせる時間感覚をきたえるトレーニング方法は、なにをするにしても時間内におわらせることをつよく意識してやることです。

「掃除・料理・休憩」など生活のすべてを細かく分け、それぞれ時間を決めてその間でおわらせることを意識しましょう。

だらしない生活を送っていると集中力はアップしません。

 

3、やるべきことを細かくして一つ一つ終わらせる

集中力を最大にアップさせるにはできるだけ作業を細かくわけることが大事です。

例えば、英語の勉強をするなら「単語を覚える」「構文を覚える」「英文を読む」など、やるべき項目を一つ一つこまかく分割してそれだけをします。

そして細かくわけた項目の一つを終わらせることだけを考えて勉強をはじめましょう。

そうすることで、一点に集中することができますので並行して勉強をするよりも格段に成果があがるでしょう。

人間の脳は大きなハードルや曖昧な目標をたてると拒否反応を起こしてやる気を出してくれませんので、小さな作業に分けるのは脳のメカニズムからいってもとても効果的な方法です。

大事なのは、一つ一つに作業を分けて終わってから次のステップに移るというやり方を意識的につづけることです。


スポンサーリンク

4、集中力アップには楽しんで作業をする

勉強も仕事もつらいことだと思っていませんか?

人間の脳は嫌なことにたいしてはつよい拒否反応をおこしてゼンゼンやる気も起こしてくれません。

集中力をアップするにはどんなつまらないと思うことについても意識をして楽しいことだと思い込むことが重要です。

そのためには少しでもできたら自分をほめることをしてみてください。

「英単語を10コ覚えた」「昨日わからなかったことが一つわかった」などなど、どんなに小さなことでもかまいません。

重要なのは、「昨日の自分より今日の自分が成長している」ということをつねに意識することです。

自分が成長していることを嬉しく思うだけで集中力はあがります。

 

5、作業場所には必要なもの以外はすべて排除する

作業をするところが整理されていないと集中力が削がれる原因になります。

集中力を最大にあげるためには必要のないものは目に入れない環境をつくることが大事ですので、勉強・仕事をする机のうえには何もおかないようにしましょう。

とくに、マンガやテレビ・スマホはせっかく集中して作業をしている脳によくない刺激や情報をあたえます。

集中力をアップするためには、一点に意識を集中する必要がありますので気になるものが目に入らないように工夫をしましょう。

 

6、まとめ

集中力は人生を変えるほどの力をもっています。

目の前のやらなくちゃいけないことを5つの秘訣を実行すれば劇的に終わらせることができるでしょう。

そのためにも重要なのは継続して5つの秘訣を実行することです。

集中力アップのトレーニングだと思ってぜひ参考にしてみてください。

<集中力アップの5つの秘訣まとめ>

  • 1つのことに集中して作業をするだけで集中力は鍛えらる
  • 集中力をアップさせる時間感覚をきたえるには時間内におわらせることをつよく意識する
  • 一つ一つに作業を分けて終わってから次のステップに移るというやり方を意識的につづける
  • 「昨日の自分より今日の自分が成長している」ということをつねに意識する
  • 気になるものが目に入らないように工夫し一点に意識を集中する。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。


スポンサーリンク


-作業効率化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

集中力がないと悩んでいたぼくが劇的に集中力をあげられた5つの秘訣

集中力が保てなくてやりたいことが終わらない。 成果をあげるにはかぎられた時間で仕事や勉強を終わらせなきゃならないのにうまくできない。   ぼくはITエンジニアとして働いているのですが資料ひと …

ブログのヘッダ画像がプロのクオリティで無料に作れるサイト「Canva」

ぼくは右も左もわからない初心者の状態からブログをつくっているので、 ブログをはじめたときの画像やデザインのサイト探しの苦労を身をもって体験しています。   とくにブログのタイトルにつかうヘッ …